DCE受験資格認定・神学コース

[ 編集者:神学部・神学研究科      2017年9月25日   更新 ]

日本基督教団キリスト教教育主事[DCE:Director of Christian Education] の認定試験において、受験資格の一部を満たすために、本学の科目等履修制度を活用することができます。

日本基督教団キリスト教教育主事(DCE)とは・・・

キリスト教教育主事とは、教団の信徒であってキリスト教教育への召命を受け、規定の学科を修得し、教団の定めるキリスト教教育主事認定試験に合格した者で、以下の者をいう。

(1) 教会の招聘を受け、その教会の教会教育に関する教務を担当する者
(2) 教会公益事業および関係施設、日本基督教団関係学校、関係団体、教団事務局、教区事務所に在職し、キリスト教教育に関する教務を担当する者
(3) 教会からの派遣または推薦により、前記以外の場所でキリスト教教育に従事する者。ただし、この場合は、教区総会議長の承認を得るものとする。

[以上、教団教規第140条の 2]

[受験資格]キリスト教教育主事認定試験

第1条 キリスト教教育主事認定試験を受ける者は、受洗後3年を経過し、本教団所属の教会または伝道所に信徒として直近の継続する1年以上在籍し、キリスト教教育への召命を受け、次の各項のいずれかに該当しなければならない。

1. 日本基督教団が指定したキリスト教教育主事養成校(別表)において、以下の科目の単位を取得、または取得見込みの者で、教会教育の現場における奉仕の経験を有する者。

(1) キリスト教教育に関する科目、ただし以下の各科目を含むこと(24単位以上)
 A キリスト教教育、キリスト教保育理論に関する科目
 B 人間理解、スピリチュアリティ、人権教育に関する科目
 C コミュニケーションに関する科目
 D 現代社会とキリスト教に関する科目

(2) 聖書、神学(聖書、歴史、組織、実践)に関する科目(20単位以上)

[以上、教団キリスト教教育主事認定試験規定 より抜粋]

関西学院大学科目等履修制度

日本基督教団が実施するキリスト教教育主事認定試験の受験資格である 上記 第1条-1.-(2)を満たすために
本学の科目等履修制度を活用することができます。

本学科目等履修制度における関連科目 [認定試験規定第1条-1.-(2)関連科目]

以下 (a) および (b) の計10科目<<計20単位>>以上の単位を取得できます。ただし1学期につき、14単位を上限とします。

■ DCE受験資格認定・神学コース

(a) コース必修科目(以下の 6科目) <<計12単位>>
 1. 「旧約聖書入門I」 <2>
 2. 「新約聖書入門I」 <2>
 3. 「キリスト教の歴史(古代-中世)」  <2>
 4. 「キリスト教の歴史(宗教改革以降)」 <2>
 5. 「キリスト教の教理の体系I」 <2>
 6. 「キリスト教の実践的課題I」 <2>

(b) コース選択科目 上記以外の 4科目 <8単位> 以上

本学の科目等履修生に出願するには・・・

以下のリンク先を ご覧ください。[教務部生涯学習課のサイトへ]
募集日程、募集要項などを確認することができます。

※ ただし、DCEについてのお問い合わせは、神学部事務室(0798-54-6200)までお願いいたします。

科目等履修生別タブリンク