第51号-60号

[ 編集者:神学部・神学研究科       2017年9月21日   更新  ]

第60号(2013年3月)

     
    第60号2013.3
■論文    
今日でもこのように言われる「ヤハウェの山で、彼は現れる」と。 ・・・ 岩嵜 大悟
   ―創世記22章14節後半をめぐって―
クィア化する家族——マルコ3:20−21、31−35におけるイエスの家族観 ・・・ 小林 昭博 
ヨハネ福音書11章で語られる救済思想―その提示方法を中心に― ・・・ 前川 裕
使徒教父と弁証家におけるフィランスロピアの用法と救貧思想 ・・・ 土井 健司
「教父」における詩篇32篇6節(LXX)引用の用法                  ・・・ 高橋 博厚
   ―三位一体論の形成史に沿って―
オリゲネスの身体観―祈りの姿勢における身体の意味について― ・・・ 梶原 直美
『告白録』におけるconfessioの意味の考察 ・・・ 文 禎顥
     
     
           
           
■人権研究          
人間の尊厳とヨハネ福音書                                     ・・・ 東 よしみ      
   ―ラザロの復活物語に見る人間の身体と神の栄光―    
         
■講演会        
カラヴァッジョとキリスト教―可視化された回心と奇蹟― ・・・ 宮下 規久朗      
   

第59号(2012年 3月)

第59号 2012.03 
■論文
ヘブライ語聖書学における間テクスト性の多様性と可能性 ・・・ 能勢 岳史
試すヤハウェ、試されるヤハウェ ・・・ 岩嵜 大悟
 ―創世記22章における√nshの用法と文学的機能―
マタイ5:3のοἱ πτωχοὶ τῷ πνεύματιは何を意味しているか? ・・・ 木原 桂二
マルコ受難物語における応答 ・・・ 小林 昭博
 ―レヴィナス、デリダ、責任=応答可能性
ヨハネ福音書6章の救済思想  ・・・ 前川 裕
不可能を可能に変えるもの ・・・ 梶原 直美
 ―オリゲネス『祈りについて』序文(1-2,6)における知理解をとおして―
受難物語サイクルの成立と「勝利の十字架」石棺 ・・・ 山田 香里
『告白録』第12、13巻の「天の天」、「無形相的質料」、「霊的被造物」 ・・・ 文 禎顥
 ―始原における存在形成運動― 
スピリチュアルケアにおける傾聴-災害時の教会の業として- ・・・ 赤刎 正清
子どもに死を語る
・・・
中道 基夫
■講演会
近代日本の死生観言説と死生学―伝統的な死生観の継承と展開― ・・・ 島薗 進

第58号(2011年 3月)

第58号 2011.03 
■論 文
「善悪を知る木」と「命の木」―言い換えが読みに与える影響― ・・・ 能勢 岳史
ユダヤ教におけるイザヤ書53章の解釈史 ・・・ 河村 兼二郎  
1世紀のユダヤ世界におけるサマリア人観 ・・・ 大宮 有博
Stoikeiaとガラテヤ信徒の宗教的感性 ・・・ 浅野 淳博
ガラテヤ書1章1−5節の文学的・心理学的分析
——ガラテヤ書前書きにおけるパウロの修辞的戦略と心理的葛藤——
・・・ 小林 昭博
「主の祈り」におけるパンを求める祈りに関するオリゲネスの理解について ・・・ 梶原 直美
『告白録』11.29.39におけるdistentio,intentio,extentusに関する研究 ・・・ 文 禎顥
ラス・カサス“De unico vocationis modo”第5章の布教理念
—第7節と第19節の洗礼理解に基づく考察—
・・・ 青野 和彦  
内村鑑三の神学批判をめぐって ・・・ 岩野 祐介
日本メソジスト教会における在朝鮮日本人伝道
-1904年伝道開始から1910年日韓併合まで-  
・・・ 李 楨善  
宣教のわざとしてのJ.ウェスレーの霊性について ・・・ 趙 永哲
■人権研究
日本プロテスタント教会教職者への「自死に関するアンケート」の結果報告 ・・・ 土井 健司  
榎本 てる子
井出 浩
李 政元
■講 演
《殺す人》(ホモ・ネカーンス)
―《いのち》をキリスト教的に考えるための一つの視点―
・・・ 水垣 渉
史的イエスとケーリュグマ―学問的構成と信仰への道― ・・・ ゲルト・タイセン

第57号(2010年 3月)

第57号 2010.03 
■論 文
共観福音書研究の地理・歴史的視点
(geo-historical frame of reference)について―序論
・・・ 小林 信雄
パウロの「回心」:その過程と体験に関する議論の概観と考察 ・・・ 浅野 淳博
挨拶の文化的影響― charis humin kai eirene の文化的背景 ― ・・・ 小林 昭博
アレクサンドリアのクレメンス『教導者』Ⅰ.6における聖餐の位置―ヨハネ福音書6:53の用法をめぐって― ・・・ 打樋 啓史
魂についてのオリゲネスの教説に関する一考察 ・・・ 梶原 直美
カイサリアのバシレイオス「飢饉と旱魃の時期に語られた説教」 ・・・ 土井 健司
心の不安と「存在への欲求」との関係
―『告白録』におけるabs te(a te)とad teのテクスト分析―
・・・ 文 禎顥
トラディティオ・レギス(法の授与)図再考
ミラノ、サンタンブロジオ教会蔵、スティリコの石棺を巡る考察
・・・ 山田 香里
D・ボンヘッファー『服従』における<内的集中と世>
―キリスト集中と職域の理解をめぐって―
・・・ 橋本 祐樹
J.ウェスレーの霊性とリーダシップについて
―小グループ組織を中心に―
・・・ 趙 永哲
■人権研究
複数の声、複数の視点~人権という観点から聖書を読む~ ・・・ 水野 隆一
■研究ノート
ルカ神学における裁きとメタノイアの関係についての考察
― ルカ福音書13章6-9節の釈義的研究―
・・・ 木原 桂二
■書 評
A.E.マクグラス著・稲垣久和・倉沢正則・小林高徳 訳
『科学と宗教』(教文館2009年4月)書評
・・・ 沼田 和也
■講 演
終末論的な歴史意識と宇宙的愛の実践
―近代韓・中・日の関係史から見た韓国キリスト者の歴史体験と宣教意識―
・・・ 李 徳周

第56号(2009年 3月) : 木ノ脇悦郎教授 退任記念号

第56号 2009.03 
感謝の言葉 ・・・ 神学部長 神田 健次
■論 文
メタノイア の概念に関する考察
― ルカ神学におけるメタノイア理解の予備的考察 ―
・・・ 木原 桂二
Gewissen und Leiblichkeit
Überlegungen zu 1Kor 8,7, in Verbindung mit 1Kor 10,14-22
・・・ David Wider
ユダ書7節におけるソドムの罪——天使と人間との異種間性交—— ・・・ 小林 昭博
アウグスティヌス『告白』第10巻における存在への欲求 ・・・ 文 禎顥
ラス・カサス『布教論』第5章第7節における洗礼理解 ・・・ 青野 和彦
エウセビオス『教会史』におけるフィランスロピアの用例 ・・・ 土井 健司
熊谷元直における殉教理解と武士道精神 ・・・ 中井 志磨
キリシタン時代の宣教師報告における悔悛 ・・・ 大島 一利
内村鑑三における万人救済論 ・・・ 岩野 祐介
■人権研究
保育現場におけるHIV感染症予防ガイドライン作成に関する一考察
日本キリスト教保育所同盟における感染症への取り組みを手がかりにして
・・・ 榎本 てる子
■講 演
禅とキリスト教は矛盾しないのか ・・・ 佐藤 研
■書 評
『キリスト教の教師-聖書と現場から-:山内一郎先生献呈論文集』辻学・嶺重淑・大宮有博編著 ・・・ 藤原 一二三

第55号(2008年 3月) : 窪寺俊之教授 退任記念号

第55号 2008.03 
■論 文
アブラハム物語への文芸批評的アプローチ研究史 ・・・ 水野 隆一
ファリサイ派と徴税人の譬え―ルカ18:9-14の編集史的考察― ・・・ 嶺重 淑
ニュッサのグレゴリオスにおけるλεπρα(レプラ)の用法と意味 ・・・ 土井 健司
サン・セバスティアーノのカタコンベ、クロウディウス・ヘルメス廟の壁画研究―会食情景図の図像解釈を巡って― ・・・ 山田 香里
セーレン・キルケゴールとデンマーク中世 ・・・ 平林 孝裕
基督教教育同盟会の設立とエキュメニカル運動 ・・・ 神田 健次
医療におけるスピリチュアルケア・モデルの構築 ・・・ 窪寺 俊之
霊性:力と愛と思慮分別の霊 ・・・ 正木 牧人
親から引き離された子どもへのスピリチュアルケア ・・・ 赤刎 正清
超越的存在を言及しない終末期患者へのスピリチュアルケア:ナラティブ・アプローチを用いて ・・・ 中井 珠惠
アウグスティヌスの記憶論における実践神学的意味―『告白録』10巻の記憶探求を中心に― ・・・ 文 禎顥
D・ボンヘッファーにおける<世>の理解―『服従』第Ⅱ部を中心に― ・・・ 橋本 祐樹
■書 評
『司教と貧者―ニュッサのグレゴリオスの説教を読む』土井健司著 ・・・ 打樋 啓史
■講 演
韓国クリスチャン・アカデミーにおける宗教間対話40年の回顧と展望―「如海」姜元龍牧師を追悼しつつ― ・・・ 李 正培
ティリッヒの平和の神学 ・・・ 芦名 定道

第54号(2007年 3月)

.
第54号 2007.03 
■論 文
イエスのナザレ説教―ルカ4:16-30にみるルカ福音書の中心的使信― ・・・ 嶺重 淑
男と男が寝るのは罪か?―一コリント6:9におけるAPΣENOKOITAI― ・・・ 小林 昭博
Die Leidenspaideia Jesu in Hebr.5,7f ・・・ David Wider
アウグスティヌスの説教(ドルボー第3番)における洗礼理解 ・・・ 三ッ本 武仁
ラス・カサス『布教論』の研究(2)―インディアス先住民の「信仰の認識」を中心に― ・・・ 青野 和彦
「関係としての自己」再考―『死に至る病』における自己の構成をめぐって― ・・・ 平林 孝裕
日本人の古層のスピリチュアリティを求めて―『竹取物語』を資料にして― ・・・ 窪寺 俊之
パストラルケアの歴史と信仰の問題 ・・・ 文 禎顥
キリスト教葬儀式文の変遷 ・・・ 中道 基夫
咸錫憲における「シアル思想」の萌芽―「受難の女王」を手がかりに― ・・・ 朴 賢淑
中国におけるキリスト教本色化運動―「キリスト教文社」についての考察― ・・・ 徐 亦猛
・・・
■人権研究
ニュッサのグレゴリオス:説教「『これらの一人にしたことは私にしたこと』について」 ・・・ 土井 健司
■研究ノート
M.ルター『キリスト者の状況の改善に関して ドイツのキリスト者貴族に宛てて』(1520)におけるBeruf理解 ・・・ 大村 眞澄
■書 評
『アブラハム物語を読む 文芸批評的アプローチ』水野隆一著 ・・・ 樋口 進

第53号(2006年 3月)

.
第53号 2006.03 
■論 文
「天国のための宦官」(マタイ19:12) ・・・ 小林 昭博
少年イエスの物語-ルカ2:41-52 の文脈と機能- ・・・ 嶺重 淑
使徒言行録の二つの要約記事に見られる神学的動機についての一考察 ・・・ 大宮 有博
Rezeption und Kommunikation in 1Kor 1,18-2,5 ・・・ David Wider
オリゲネスの祈祷における恩恵理解-『祈りについて』に基づく一考察- ・・・ 梶原 直美
『洗礼論』に示されたドナティストに対するアウグスティヌスの愛 ・・・ 三ツ本 武仁
M.ルター『ローマ書講義』(1515-1516)における召命理解 ・・・ 大村 眞澄
エラスムス教会論の一側面-詩篇15篇の講解から- ・・・ 木ノ脇 悦郎
中国におけるキリスト教本色化(土着化)運動-新文化運動からの探求- ・・・ 徐 亦猛
咸錫憲における「シアル思想」の萌芽-柳永模との影響関係を中心に- ・・・ 朴 賢淑
終末期ガン患者へのスピリチュアルケア-ケアの可能性について- ・・・ 窪寺 俊之
情報化社会の倫理について-IT時代と教会- ・・・ 澤村 雅史
■講 演
神学的挑戦としての日本の宗教 -関西学院大学からの名誉博士学位授与(2005.9.26)への感謝としての一外国人の自伝的回顧- ・・・ Ulrich Luz
■研究ノート
マオリ・土地戦争・旧約書 ・・・ 向井 考史
■書 評
『愛と意志と生成の神』土井健司著 ・・・ 梶原 直美

第52号(2005年 3月) : 宮谷宣史教授 退任記念号

.
第52号 2005.03 
感謝の言葉 ・・・ 神学部長 神田 健次
■論 文
ルカ文書におけるファリサイ派 ・・・ 嶺重 淑
関わりとしての「いのち」の思想
-ニュッサのグレゴリオスにおける三つのテキストから-
・・・ 土井 健司
オリゲネスの祈祷理解
-罪人の祈り その内的態度をめぐって-
・・・ 梶原 直美
エイレナイオスにおける受肉の聖餐論 ・・・ 打樋 啓史
アウグスティヌスの三位一体論 ・・・ 宮谷 宣史
友の刻印-『洗礼論』におけるアウグスティヌスの洗礼理解- ・・・ 三ツ本 武仁
トマス・アクィナスのsynderesis論 ・・・ 松根 伸治
エックハルトの職業観-レーゲンスブルクのベルトルトの説教第二番との比較において- ・・・ 中川 憲次
神啓示の媒体としての礼拝美術の問題-東方教会美術と西方教会美術の違い- ・・・ 佐藤 成美
初期宗教改革における新しい信徒像-アンドレアス・ボーデンシュタイン・フォン・カールシュタットの 木版画ビラ『馬車』(1519年)を手がかりにして-  ・・・ 小田部 進一
M.ルターのDas Euangelium an S.Johannis tag におけるBeruf理解 ・・・ 大村 眞澄
アルミニウスのローマ書7章解釈について-アルミニウス研究(3)- ・・・ 木ノ脇 悦郎
前方へ向けられたキリスト論-エルンスト・ブロッホの哲学とモルトマン神学におけるメシアニズム- ・・・ 沖野 政弘
多元的文化における福音宣教-エキュメニカルな視座から- 神田 健次
日本における葬儀賛美歌のインカルチュレーション ・・・ 中道 基夫
J.ウェスレーの社会的霊性に関する一考察 ・・・ 趙 永哲
咸錫憲における「シアル思想」の萌芽(2) ・・・ 朴 賢淑
■研究報告
旧約における「葬り」の理解-特に をめぐって- ・・・ 井上 智
宣教における教会間のパートナーシップの一考察-戦前の世界宣教会議における「若い」教会と「旧来の」教会との関係を通して- ・・・ 村瀬 義史
■書 評
『エラスムスの思想的境地』木ノ脇悦郎著 ・・・ 春名 純人
『悪の意味 キリスト教の視点から』宮谷宣史編著 ・・・ 白井 進
『世界の礼拝 シンフォニア・エキュメニカ式文集』
神田健次監修、打樋啓史・中道基夫・水野隆一訳
・・・ 小林 よう子

第51号(2004年 3月): 山内一郎教授、橋本淳教授 退任記念号

.
第51号 2004.03 
感謝の言葉 ・・・ 神学部長 神田 健次
■論 文
「彼の死後、神は彼の息子を祝福した」-創世記12-50章における年代-サムエル記の「非戦と平和」思想 ・・・ 水野 隆一
ルカ文書における所有放棄と施し ・・・ 嶺重 淑
ルカ文書の描く「越境する宣教」 ・・・ 大宮 有博
Der ist von Gott erkannt"(1 Kor8,3b)  ・・・ D.ヴィダー
長老団の按手(Iテモテ4:14)とパウロの按手(IIテモテ1: 6) ・・・ 辻 学
アルミニウスの三つのOratioについて-アルミニウス研究(2)- ・・・ 木ノ脇 悦郎
キェルケゴールと自然 ・・・ 橋本 淳
セーレン・キェルケゴールにおける
<<心理学的実験>>の構成とその方法論的意義
・・・ 平林 孝裕
「建徳的著作」再考-『二つの建徳的講話』をめぐって- ・・・ 舟木 譲
癒しの神学-ティリッヒを手掛かりに- ・・・ 近藤 剛
型染版画に託した夢-渡辺禎雄の信仰と作品- ・・・ 神田 健次
日本におけるキリスト教葬儀式文のインカルチュ
レーション2-日本基督教会の葬儀式文-
・・・ 中道 基夫
咸錫憲における「シアル思想」の萌芽-内村鑑三の影響関係を中心に- ・・・ 朴 賢淑
■研究報告
台湾における原住民教会の歴史と『原住民神学』の形成
-台湾基督長老教会と日本基督教団との宣教協約の視点から-
・・・ 東 のぞみ
M.ルター著『修道誓願についてマルティン・ルターの判断』について  ・・・ 大村 眞澄