神学研究会

[ 編集者:神学部・神学研究科       2019年7月12日   更新  ]

神学研究会は、神学の研究とその普及を図ることを目的として、研究会および講演会の開催、
機関雑誌『神学研究』の発行、その他さまざまな事業を行っています。

本学部生・大学院生に広く開かれていますので、積極的にご参加ください。

神学研究会 規約、『神学研究』投稿規程

『神学研究』

『神学研究』は、神学研究会が発行する学術雑誌(論文集)です。

『神学研究』執筆申込み

現在、2020年3月発行予定の『神學研究』第67号の執筆申込みを受け付けております。

 【申込み期間:2019年6月30日(日)~9月30日(月)】

執筆ご希望の方は下記PDFにて詳細をご確認ください。
神学研究会普通会員の方は「会員」のPDFを、
神学研究科生(後期課程)ならびに神学研究科大学院研究員は「神学研究科」のPDFを
それぞれご参照ください。
また、査読つき・査読なしにかかわらず、神学研究委員会における査読および協議の
結果によっては掲載されない場合もありますことをご了承ください。


神学研究会

原則として、毎月1回開催される研究会です。 学生のみなさんの参加を歓迎します。

2019年度スケジュール: 吉岡記念館3F会議室1(例外あり), いずれも15:10-(予定)

   
■2019年4月24日   中道 基夫 「洗礼式文「序詞」の変遷と洗礼理解」

■2019年5月22日   『神学研究』第66号 合評会
           ①発題: 堀  忠  (評者:赤阪 俊一)
          「レプラとエレファンティアシス 
           ―ギリシャ語キリスト教文献における名辞上の混同の過程を中心に―」
           ②発題:青野 和彦 (評者:土井 健司)
          「ラス・カサスの『聴罪規定』研究
           ―「平和的布教論」に対する「正義」の思想的影響―」

■2019年6月26日   小田部 進一 
          「カールシュタットの改革プログラムと「救貧」についての一考察
           ―『キリスト教徒の間に物乞いがいるべきではないこと』(1522年)を
           手がかりにして ―」

■2019年7月24日   土井 健司 
          「神の声としての聖書 
           --ニュッサのグレゴリオスにおけるθεία φωνήの用法 --」

■2019年8月       休会

■2019年9月       休会

■2019年10月23日   淺野 淳博

■2019年11月27日   橋本 祐樹  ※人権に関する発表

■2019年12月       休会

■2020年1月22日    柳澤 田実

■2020年2月26日    神学研究科後期課程 報告会

■2019年3月       休会

 ※ 神学研究会の予定は、予告なく変更になる可能性もございます。ご了承下さい。

 

神学研究会 会計

各年度の会計報告を掲載しています。
下記リンク先よりご覧ください。

研究業績関連リンク