第31号-第40号

[ 編集者:神学部・神学研究科       2017年9月21日   更新  ]

第40号(1993年 3月) 小林榮教授退任記念号

発行に際して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 湯木洋一
旧約聖書における「雨」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 向井考史
攻略としての夢解釈-ヨセフの手腕-文芸学的読みの試み-・・・・・・・・・ 水野隆一
民族の枠を越える福音
-試論・共観福音書に見るイスラエルから全民族への歩み- ・・・・・・・・・ 加藤善治
『聖書 新共同訳』(新約)について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
キェルケゴールのデンマーク語テキストの問題とその再構成について
-批評的新版の刊行を求めて-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ F.H.モーテンセン、橋本淳訳
近代神学史への視座・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高森昭
全体主義の世界情勢におけるエキュメニカル運動-1930年代を中心として-・・ 神田健次
元田永孚(二)~おいたち~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 湯木洋一
最終講義 日本人の宗教心 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林榮
日本の宗教的風土・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 桑原亮三
中国的宗教・儒教、道教 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コン 書森
宗教意識についての一考察-第三次宗教ブームと若者たち-・・・・・・・・・ 澄田新
死の意味・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮谷宣史
Words of Truth:A Cross-cultural Comparison・・・・・・・・・・・・・・・ F.J.ストリング
Religion and Ethnicity・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ N.H.マックファーランド

第39号(1992年 3月)

聖書学の解釈学的展開をめざして-A・シントラー、C・リンク、U・ルッツの場合- 加藤善治
アウグスティヌスによる死の考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮谷宣史
文学に見る中国人の宗教思想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コン書森
戦後のエキュメニカル運動史(後)-1961~91年・・・・・・・・・・・・・・・ 神田健次
初期メソジストの教会建築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 長久清

第38号(1991年 3月) 小林信雄、城崎進教授退任記念号

感謝の言葉に寄せて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
私の履歴書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林信雄
最終講義 関西学院大学におけるわが半世紀 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 城崎進
預言者の荒野伝承についての一考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 樋口進
旧約テキストの共時的読み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 水野隆一
受難への道を歩むイエスと弟子たち・ユダヤ人指導者・群衆について
―マルコ福音書八章一一節~九章一三節の編集史的研究―・・・・・・・・・・ 加藤善治
ヤコブ書二章における「誤れるパウロ主義」について・・・・・・・・・・・・ 辻 学
コリント第二の手紙―翻訳と訳注(二)―・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
シュライエルマッハーの国家論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高森昭
『自由意志論』の動機-オリゲネス、アウグスティヌスとエラスムス-・・・・ 木ノ脇悦郎
元田永孚(一)~序~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 湯木洋一
戦後のエキュメニカル運動史(前)-1945~61年-・・・・・・・・・・・・・・ 神田健次
アジアの諸宗教とキリスト教・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林榮
WHAT HAPPENS BETWEEN THE PRAYERS? An Essay on Preaching ・・・・・・・・ J.E.クラウチ

第37号(1990年 3月) 関西学院創立100周年記念号

関西学院創立100周年記念号の刊行に寄せて ・・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
100年を貫いたもの ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 城崎進
韓国大学の自律性―私の経験を中心として―・・・・・・・・・・・・・・・・ 朴大善
朴大善博士について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤田允
聖書解釈と現代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 向井考史
「最後の晩餐」伝承におけるイエスの死の意味―杯の制定語をめぐって―・・・ 小林信雄
コリント第二の手紙―翻訳と訳注(1)― ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
アウグスティヌスの聖餐理解・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮谷宣史
シュライエルマッハーの信仰論研究(その1)―神の属性に関する考察を中心に― 高森昭
キェルケゴール『死に至る病』の研究(3) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
『草創期の現代エキュメニカル運動』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 神田健次
Mk.8;34-37:The Magna Charta of Christian Discipleship ・・・・・・・・・ H.O.ギュンター
■書 評
『総説実践神学』神田健次・関田寛雄・森野善右衛門編・・・・・・・・・・・・ 北村宗次
『世界をキリストへ―ミッションの動態―』
(ヴァンダビルト大学コール・レクチャー)W.R.ランバス著、山内一郎訳 ・・・・ 井田昭子
「神学評論」既刊目録
「神学研究」既刊目録

第36号(1989年 2月)

エレミヤ書29・5~7の一解釈―真の預言者と偽りの預言者をめぐる一視点― ・・ 向井考史
テサロニケ第二の手紙―翻訳と訳注―・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
キェルケゴール『死に至る病』の研究(2) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
エキュメニカル運動におけるカール・バルトの意義(1)・・・・・・・・・・・・ 神田健次
Sex and Wisdom in the Garden・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ J.ミルグロム
Christ and the Torah
-Searching for the Origins of Paul's Chriticism of the Law- ・・・・・・ S.フォーレンバイダー
新刊紹介

第35号(1987年10月)

クムラン・エッセネにおける共同の食事―新約聖書との関係についての一試論― 小林信雄
二つのパンの奇跡とマルコのキリスト論について
―マルコ6・45~52と8・11~22の編集史的研究―・・・・・・・・・・・・・・・ 加藤善治
古代日本仏教における「教職(僧侶・尼僧)制度」の成立と変遷(その一) ・・・・ 小林榮
D.ボンヘッファーとエキュメニカル運動―1931~35年の参与をめぐって―・・・ 神田健次
「貧しき人々の宗教」から学ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 玄永学
Ultimate Truth and Historical Conditionedness:
The Role of History of Religions Study for Theological Reflection ・・・ F.J.ストレング
新刊紹介

第34号(1986年 6月)

マタイにおける「教師」イエス―補論―・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
キェルケゴール『死に至る病』の研究(1)序説 ・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
Enculturation ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 湯木洋一
エキュメニカル運動における聖餐論―「リマ文書」と「リマ式文」をめぐって― 神田健次
■書評
H.O.ギュンター著『初代キリスト教の伝承における
イエスの「十二人」の足跡―宗教的象徴の意味に関する一考察―』・・・・・・ 小林信雄
新刊紹介

第33号(1985年 3月)

第二イザヤの創造論(V)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 向井考史
「偶像に供えた食物」の問題(再論)
―第一コリントにおけるパウロの人間観との関連において―・・・・・・・・・ 小林信雄
福音が内包する緊張―総合的な救贖の象徴としての死と復活―・・・・・・・・ J.E.クラウチ、山内一郎訳
日本におけるシュライエルマッハー研究の70年(1914-1984) ・・・・・・・・・ 高森昭
宣教論の現代的展開―エキュメニカル運動の軌跡の中から―・・・・・・・・・ 神田健次
(別冊)神学部カリキュラム(昭和27年度-昭和60年度)・・・・・・・・・・・・ 橋本淳

第32号(1984年 3月) 藤井孝夫教授退任記念号

感謝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林榮
私の歩んできた道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井孝夫
パウロの回心に関する一考察-IIコリント一二・一~一〇をめぐって- ・・・・ 小林信雄
ケリュグマとディダケー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
勅令主義への道(続)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 湯木洋一
今日における教会のミニストリー-WCC<<リマ文書>>の一考察-・・・・・・ 神田健次
第二イザヤについての疑問・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P.R.アクロイド
M.ルター生誕500年を記念して ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ H.J.ヒラーブランド
近代におけるルターの崇拝と忘却によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・ G.エーベリング

第31号(1983年 3月) 関西学院大学神学部開設三十周年記念号

祝辞(大学神学部開設30周年記念礼拝における学長祝辞)・・・・・・・・・・・ 城崎進
神学部二五年の歩み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 城崎進
神学部開設三十周年記念礼拝説教「救はわが砦、主はとこしえの岩」
イザヤ書二十六章一~四節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林榮
青少年の心理をめぐる問題-聖書釈義と心理学の接点-・・・・・・・・・・・ 向井考史
黙示思想の救済史的理解-E.ケーゼマンのテーゼをめぐる一試論-・・・・・・ 小林信雄
「教師としてのイエス」再考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山内一郎
ローマ人への手紙一・十七bの釈義的思索
-パウロのハバクク書二・四b引用について-・・・・・・・・・・・・・・・・ 松木治三郎
からだ(六)-聖と俗について-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井孝夫
自分の身体との対話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松村克己
「人間を見つめる」-その倫理性について-・・・・・・・・・・・・・・・・ 印具徹
エラスムスとルター-ローマ書五章の注解を中心に-・・・・・・・・・・・・ 木ノ脇悦郎
リュッケへの回覧書簡-シュライエルマッハ-「信仰論」の研究と関連して-・ 高森昭
教育勅令主義への道-日本の教育・一八八〇年~一八八六年- ・・・・・・・・ 湯木洋一
「関西学院の蘆田慶治教授」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 橋本淳
私的浅野順一論-神学教育と牧師の基本的在り方を探るために-・・・・・・・ 宮谷宣史
神学部開設の前後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 実方清
戦後神学部創設のころ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 相浦忠雄
思い出・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤木正三・松永晋一・指宿文一・前島宗甫・金田弘司・相浦和生・ 日下部勝・八十川昌代・山城順
■神学部の歴史に関する資料
Let The Word do What it Says! -An Interpretation of Galatians 3:28- J.E.クラウチ
The Negative Fascination of New Testament -Language with Judaism- H.O.ギュンター
Some Reminiscences of My Years at the K.G.SHINGAKUBU W.D.ブレイ