2010.06.24.
大学共同研究・研究会: 自死と付き合う( 7/ 6)

大学共同研究: 「現代社会における自殺者をめぐる霊的支援者養成プログラムの開発--キリスト教の視点から」

◆ 研究会開催のお知らせ ◆

■ テーマ: 自死と付き合う
■ 発表者: ウィリアム・エルダー 大阪女学院短期大学名誉教授


■ 日 時:  7月 6日(火)17:00 -18:30
■ 会 場: 吉岡記念館3階会議室1

【一般公開 ;無料】
本学学生・教職員以外の方で参加を希望される方は、
ご連絡ください。吉岡記念館事務室(神学部担当)・0798-54-6200まで。

◆ ウィリアム・エルダー氏:
宣教師として、1948年に来日。一時、神学校の勉強を終えるためにアメリカに帰国されましたが、その後再来日。鳥取、沖縄、千葉、そして東京の日本キリスト教団関係の事務所での業務に従事された後、1980年に大阪女学院短期大学に着任。

自死予防の活動として、東京にある英語で対応する「いのちの電話」の設置に関わり、大阪にいらしてからも「関西いのちの電話」と「神戸いのちの電話」で活動を続けておられます。