4月19日~20日 新入生歓迎キャンプ @千刈キャンプ場

[ 編集者:社会学部・社会学研究科       2019年7月11日   更新  ]

大縄跳びの様子

4月19日~20日の1泊2日で、新入生歓迎キャンプへ行ってきました!
このキャンプも今回で8年目を迎え、新入生69名、学生スタッフ28名と、教職員8名が参加をしました。
キャンプ場でのプログラムは、社会学部学生交流プロジェクト(ピア・サポート)のメンバーとキャンプイベントスタッフが企画しました。新入生同士、新入生と先輩学生、新入生と教職員が交流ができ、仲が深められるよう、企画ミーティングを重ねて準備してきました。
出発前は天候が心配でしたが、当日は晴れて良かったですね。
このキャンプの経験によって、参加してくれたみなさんの学生生活がますます充実することを願います。

2日目:朝のレクリエーション

大縄跳び

2日目は、朝食後のレクリエーションからプログラム開始。
今日一日行動を共にする班に分かれ、自己紹介のあと、班対抗での大縄跳びで体を動かします。
朝は少し眠たかった人も、しっかり目が覚めますね。

2日目(午前):カレー作り

野外すいさん1

先輩学生スタッフや教職員も加わり、野外炊さんにチャレンジします。
自分たちで火を起こし、お米を炊き、カレーを作りました。
どの班も上手に、おいしいカレーができました。

野外すいさん2

みんなでワイワイとカレー作り。
楽しいですね。

野外すいさん4

いただきます!

2日目(午後):千刈ラリー

ラリーの模様1

午後のプログラムは千刈ラリーです。
千刈キャンプ場の自然を楽しみながら、スタッフが考えた課題に各班チャレンジします。
みんなで協力しながら、ラリーを進めていきます。
一番早くゴールするのは、どの班でしょうか?

ゲームの模様

みんなで力を合わせて、ゲームにチャレンジ。

閉会式

千刈ラリーが終わったら、楽しかった新入生歓迎キャンプもしめくくり。
ラリーの結果発表、表彰式に続いて、難波学部長のスピーチです。

あっという間に過ぎた2日間。
準備・進行してくださったスタッフのみなさん、ありがとうございました。

参加されたみなさん、
また大学で会いましょう!