南極天文学研究室

中井 直正 (なかい なおまさ) 教授

南極天文学研究室

研究分野:
南極、電波望遠鏡、遠方宇宙、銀河ブラックホール
研究室サイト

地上最高の天文観測環境にある南極高原地帯から遠い宇宙を観る

地球から遠い宇宙にある銀河は、サブミリ波やテラヘルツ波と呼ばれる高い周波数の電波で最も明るく輝いて見えます。したがって、遠い銀河を探査するにはこのような電波で観測するのが一番です。しかし大気中の水蒸気に吸収されるので、水蒸気の少ないところで観測する必要があります。

南極大陸において標高が3800メートルと高くて空気が薄く、気温が-80度に達する内陸部の高原地帯は地上で圧倒的に水蒸気が少なく、天文観測に最高の場所です。ここに10メートル級の高精度電波望遠鏡を建設して遠い宇宙を観測し、銀河や巨大ブラックホール誕生の謎を追求する計画を進めています。建設場所の調査のために南極に出かけたこともあります。

銀河と巨大ブラックホールの観測的研究

野辺山45m電波望遠鏡やアルマ望遠鏡(ALMA)のような既存の望遠鏡を用いて近くにある渦巻銀河の構造やその中心にある巨大質量ブラックホールの精密測定なども行っています。またそのようなブラックホールを用いて宇宙の大きさや年齢に関係するハッブル定数を独自に求めたりしています。このような研究には大学院生や卒業研究の学部生が大活躍しています。

研究の魅力

正直に言って研究は簡単ではありませんし、思うようにいかないことの方が多いものです。また、観測した結果が何を意味しているかわからずにのたうち回ることもあります。
しかし、思いもよらなかった、あっと驚くような結果が出てくると体中が熱くなったり、ああ、そういうことだったのかと目の前がぱっと明るくなったりします。
宇宙はわかっていないことが多いですが、少しでもその謎の解明を目指し、それを知ったときの喜びを多くの人と分かち合いたいと思っています。