[ 総合政策学部 ]台湾フィールドワーク

プログラムの概要

台湾の国立成功大学(台南市)との協定によって実施している総合政策学部独自のプログラムです。授業実施期間外の春休みに実施します。
「台湾における環境保全・災害防災」をテーマに、国立成功大学の教員・学生と共にフィールドワークやリサーチを行い、台南市の歴史や文化、観光政策、台南地域における環境保全の取組み、過去の公害問題について学びます。
フィールドワークでは、第二次世界大戦前の日本曹達の工場跡地を視察したり、台湾の921大地震の被災地に移設されたペーパードームを見学したりします。

プログラムの特徴

台湾の台南市、南投県に約8日間滞在し、以下の活動を行います。
・台南市エリアの観光まちづくりと環境保全活動を学ぶ
・台南市・南投県エリアの災害対策を学ぶ
・国立成功大学学生との交流とグループワークを行う

当該プログラムは、基本的に英語で実施します(一部、日本語・中国語の通訳が入る予定)。
所定のプログラムを修了した学生には単位が付与されます。奨学金制度あり。

こんな人におススメ

  • 春休みを有効活用して台湾の環境保全・災害復興政策の現状を知りたい人!
  • 座学だけでなく、現地のフィールドワークも経験したい人!
  • 学びを深めながら異文化交流もしたい人!
  • 英語運用能力を強化したい人!