ワーキング・ペーパー・シリーズ(No.51~)

[ 編集者:総合政策学部・総合政策研究科       2022年8月8日   更新  ]

Issue List

No.51
<Title>重要伝統的建造物群保存地区の取組みと課題に関する自治体アンケート調査

No.51 December 2014

<Auther>
長峯 純一 Junichi Nagamine
関西学院大学総合政策学部 教授(2014年12月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of December, 2014)
呂 茜 Qian Lu
関西学院大学総合政策研究科博士課程後期過程研究生(2014年12月現在)
Student, Docter’ s Program of the Graduate, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of December, 2014)

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.52
<Title>財政悪化とCDSレートの関係 ―テキストマイニングデータを用いた検証―

No.52 January 2016

<Author>
亀田 啓悟 Keigo Kameda
関西学院大学総合政策学部 教授(2016年1月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of January,2016)

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.53
<Title>傍観者行動のモチベーションモデル

No.53 August 2019

<Author>
伊佐田 百合子 Yuriko Isada
関西学院大学総合政策学部 教授(2019年9月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of September,2019)

井垣 伸子 Nobuko Igaki
関西学院大学総合政策学部 教授 (2019年9月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of September,2019)

柴田 愛子 Aiko Shibata
国際基督教大学 監事(2019年9月現在)
Inspector,International Christian University (as of September,2019)

<Abstract>
本論文では,いじめが発生している教室内において,いじめを傍観している生徒たちのふるまいを数学モデルとして定式化した.そこでは,傍観者がいじめを報告するにいたるモチベーションに注目し,報告する割合が高いほどモチベーションが上がり,逆に,報告する割合が低いほどモチベーションが下がることを想定して,シミュレーションを行いその結果の分析を行った.

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.54
<Title>A note on effects of fiscal sentiment on interest rates

No.54 October 2019

<Author>
亀田 啓悟 Keigo Kameda
関西学院大学総合政策学部 教授(2019年10月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of October,2019)

<Abstract>
This study analyzes the relationship between long-term interest rates and a fiscal sentiment index originally developed by conducting textual analysis of newspaper articles from January 1, 1980, to March 24, 2017—a total of 134,742 articles. Daily frequency regression shows that the fiscal sentiment has significant effects on long-term interest rates as suggested by the conventional wisdom. Considering the literature which employs lower frequency data and concludes that fiscal conditions have statistically insignificant effects on interest rates or raises them by a statistically significant but economically modest amount, our method and results are quite novel.
JEL Classification: E62, H62, H63
Keywords: Budget Deficit, Government Debt, Interest Rate, Fiscal Sentiment,
Textual Analysis.

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.55
<Title>傍観者のアクティブゾーンモデル

No.55 March 2020

<Author>
伊佐田 百合子 Yuriko Isada
関西学院大学総合政策学部 教授(2020年3月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of September,2019)

井垣 伸子 Nobuko Igaki
関西学院大学総合政策学部 教授 (2020年3月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of September,2019)

柴田 愛子 Aiko Shibata
国際基督教大学 監事(2020年3月現在)
Inspector,International Christian University (as of September,2019)

<Abstract>
本論文では,いじめが継続している教室において,加害者,被害者以外のメンバーを傍観者と呼びこの傍観者たちの行動を分析する.いじめを目撃しても見て見ぬふりをするかもしれない傍観者たちは,いじめを阻止する行動に出る人が増えれば,それにつられて自分も行動を起こすかもしれない.どのくらいの人が行動を起こせば自分も行動を起こすかという基準となる範囲は,人によって異なると仮定してモデル化し,シミュレーション実験を行った.その結果,モチベーションの高いメンバー層の存在が傍観者全体に良い影響を与えることがわかった.一方で,モチベーションが非常に高いメンバー層がない場合でも,モチベーションが低い人たちへの教育を諦めずに続けることで,かなりの効果が得られることがわかった.

キーワード:傍観者行動,集団行動,いじめ問題,シミュレーション

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.56
<Title>Application of social model in childhood education for children with disabilities Focusing on children with Autism Spectrum Disorders

No.56 December 2021

<Author>
宮崎 康支 Yasushi Miyazaki
関西学院大学Intelligent Blockchain+ Innovation Research Center 客員研究員(2021年12月現在)
Adjunct Research Fellow, Intelligent Blockchain+ Innovation Research Center, Kwansei Gakuin University (as of December,2021)

デキキス ジョー Joseph DeChicchis
関西学院大学総合政策学部 教授(2021年12月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of December,2021)

<Abstract>
This essay addresses the fact that the number of children with disabilities including Autism Spectrum Disorders (ASD) is on the rise in Japanese nursery education. The authors discuss the application of the social model of disabilities in childhood education.
The precedents have mainly applied the individual model of disability, a model that focuses on the individual's impairment. Conversely, the authors apply the social model of disability, a model focusing on social barriers. The authors then further discuss the triad of understanding of disability in childhood education: the understanding by children, the understanding by professionals, and the understanding by parents.
The authors believe that this model application would contribute to better fostering children's non-cognitive ability, which Japan’s Ministry of Health, Labour, and Welfare recommends in its policy for nursery education.  

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.57
<Title>Application of social model in childhood education for children with disabilities Focusing on children with Autism Spectrum Disorders

No.57 January 2022

<Author>
デキキス ジョー Joseph DeChicchis
関西学院大学総合政策学部 教授(2022年1月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of January, 2022)

<Abstract>
Featuring examples of Japanese language publication, this note outlines a policy for using multiple scripts in bibliographic entries, including guidance for reader-friendly transliteration and translation. Issues of bibliography writing are addressed which are either not covered or unsatisfactorily covered by the most recent versions of the APA, MLA, and Chicago styles. The guidance herein is applicable also to the IEEE and MHRA styles. Together with additional guidance on capitalization, this is also meant to inform the independent style of the Semiotic Society of America.

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.58
<Title>自然災害後の復興事業が民間雇用に与える影響:東日本大震災の事例 -求人票個票データによるサバイバル分析-

No.58 February 2022

<Author>
亀田 啓悟 Kameda Keigo
関西学院大学総合政策学部 教授(2022年2月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of February, 2022)

巳波 弘佳 MIWA Hiroyoshi
関西学院大学工学部 教授(2022年2月現在)
Professor, School of Engineering, Kwansei Gakuin University (as of February, 2022)

長峯 純一 Nagamine Junichi
関西学院大学総合政策学部 教授(2022年2月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of February, 2022)

<Abstract>
自然災害後の復興事業に伴う労働需要は、民間企業の労働力不足を誘発し、事後的な経済成長に大きく影響する可能性がある。しかし、筆者の知る限り、復興政策と労働市場の両方を取り上げた研究は少ない。本研究は、2011年の東日本大震災後の求人票個票データを用いた分析により、(1) 公共部門からの受注が約75%を占める建設業界からの求人票数が1%増加すると、被災地での他産業民間企業の求人充足確率は、非被災地と比べ約17%減少する、(2) 復興事業によるクラウディングアウト効果は被害の大きさと正の相関があり、津波被害を受けた地区の死亡率が2.5%以上の自治体では、民間企業の求人充足確率が被災地全体よりも約14%も低い、(3)マスコミ報道で注目を集める水産業でのクラウディングアウト効果は、他産業以上ではないものの、やはり深刻である、を明らかにした。この推定結果を、labor market channel of fiscal policy(財政政策の労働市場チャネル)の議論に基づいて考えると、被災地は将来、長期停滞(secular stagnation)に陥る可能性がある。故に、復興政策では、公的インフラの再建と同時に、労働参加率の向上と民間投資の拡大を図ることが必要である。

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク

No.59
<Title>不安感とジェネラティビティ意識について(その1)

No.59 July 2022

<Author>
伊佐田百合子 Isada Yuriko
関西学院大学総合政策学部 教授(2022年7月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of July, 2022)

井垣 伸子 Igaki Nobuko
関西学院大学総合政策学部 教授(2022年7月現在)
Professor, School of Policy Studies, Kwansei Gakuin University (as of July, 2022)

Junko Goodyeari
関西学院大学ジェネラティビティ研究センター客員研究員(2022年7月現在)
Kwansei Gakuin University,Center for Generativity Visiting Researcher (as of July, 2022)

竹村 睦 Takemura Mutsumi
関西学院大学ジェネラティビティ研究センター客員研究員(2022年7月現在)
Kwansei Gakuin University,Center for Generativity Visiting Researcher (as of July, 2022)

<Abstract>
本論文は、日本人のジェネラティビティ意識と不安感についてアンケート調査をもとにおこなった分析結果をまとめたものである。結果としては、次世代社会に対して不安はないが自分の将来に不安を感じているというグループのジェネラティビティ意識が低いことが顕著であった。年齢別に不安感をみると、若い頃は自分に対する不安感が高いが、高年になるとそれが下がっていき、次世代に対する不安の方が高くなるという入れ替わり現象がみられ、それとともに、ジェネラティビティ意識が高まっていることがわかった。

KGUR関西学院大学リポジトリのワーキングペーパー一覧(7,15,16,19,25と35以降の号はコチラで閲覧ができます) 関連リンク