1/31(木)都市政策学科 卒業論文・卒業設計発表会を開催

[ 編集者:総合政策学部・総合政策研究科      2019年2月1日   更新  ]

2019年1月31日(木)デザイン・クリエーティブセンター神戸(KIITO)にて「都市政策学科」卒業論文・設計発表会を開催いたしました。

この発表会は、都市政策学科(建築士プログラムの履修生を含む)の学生にとっては、本学での4年間の学びの集大成ともいえる卒業論文・設計の発表の場であるとともに、社会へと巣立つ最後の準備の場となります。
また、在学生たちにとっては、先輩の研究や設計を聞いたり、見たりすることで、自らの今後へ活かすための学びの場でもあります。

卒業論文の発表会は、301、303(北)、303(南)の3つの会場に分かれて、「都市政策」や「建築・都市」などに関する幅広いテーマの発表が行われました。
卒業設計の発表会は、ギャラリーAで行われ、本学の教員に加えて、非常勤講師の先生方からも熱心な講評をいただくとともに、多くの在学生も見学に来ました。

角野教授より総括

角野教授より総括

卒業論文や卒業設計の作成に当たっては、連日パソコンに向かい、模型を作成するなど、皆熱心に取り組みました。

八木教授からのフィードバックの様子

八木教授からのフィードバックの様子

発表・講評の様子

発表・講評の様子

会場では、2年生3年生の制作した秋学期優秀作品も同時に紹介しました。

3年生発表

3年生発表

多くの時間を費やした分だけ、発表や質疑の間は、緊張の面持ちでしたが、発表が終わるとほころんだ表情に変わり、多くの意欲的な卒業論文・設計の発表があり、充実した会となりました。

参加者の集合写真

参加者の集合写真