2018年11月30日(金)
◇講演会◇グローバル社会への挑戦:ボクシング世界王者が語る「挑戦への道標」

[ 編集者:総合政策学部・総合政策研究科       2018年11月6日 更新  ]

【 日程 】

■日時: 11月 30日 (金) 15時 10分  ~  16時 40分

■場所・開催地:関西学院・神戸三田キャンパスⅥ号館 101教室


■講師:井岡 弘樹(いおか ひろき) 氏
(ボクシング元世界王者)


■主催:総合政策学部研究会・総合政策研究科リサーチ・コンソーシアム
※国際政策入門(担当:村田)の振替授業とします

■講師紹介
【略歴】
1986年1月23日、関西の選手としては異例の後楽園ホールでのデビュー戦を行い、3回KO勝利でデビュー戦を飾り、以降も恩師のエディ・タウンゼント氏の指導の下、連勝街道を走る。国内最年少の18歳9ヶ月10日でWBC世界ミニマム級王座を獲得した。1991年12月にはWBA世界ライトフライ級王座も獲得し、史上3人目となる世界2階級制覇を達成。

2002年8月25日、井岡ボクシングジムを設立して会長となる。2013年2月に行われた西日本ボクシング協会会長選挙で当選を果たし、4月1日より任期3年で西日本ボクシング協会長に就任。2016年の選挙でも再選し、2期連続で協会長を務める。現在は井岡弘樹ボクシングジムの会長としてプロボクサー育成は勿論、老若男女を問わずボクシングを楽しめるジムを経営。

世界王者だった叔父の姿に影響を受け、甥の井岡一翔もボクシングを始める。アマチュアで高校6冠などの実績を引っ提げて鳴り物入りでプロに転向。2011年に当時の国内最速記録となる7戦目で世界王座を獲得(叔父と同じWBC世界ミニマム級王座)。叔父の井岡弘樹が果たせなかった世界3階級制覇の夢を達成した。

・第2代日本ミニマム級王者
・WBC世界ミニマム級王者(国内史上最年少18歳9ヶ月)
・WBA世界ライトフライ級王者(国内史上3人目となる世界2階級制覇)
・戦績:42戦33勝(17KO)8敗1分

■お問い合わせ先
 関西学院大学総合政策学部(神戸三田キャンパス事務室)
 三田市学園2丁目1番地  TEL. 079-565-7601