小笠原亜衣ゼミ

[ 編集者:法学部・法学研究科       2018年12月13日   更新  ]

どんなゼミ?

コンテンツ作品に反映する社会・政治問題を考えます。
“コンテンツ”とは「情報がなんらかの形で創造、編集されたもの」を指し、コンテンツ作品とは小説・映画・ドラマ・ゲーム・音楽・テレビCM・SNSの投稿等を幅広く意味します。
社会と時代を如実に映し出すコンテンツ作品。そこにはたとえばジェンダーや人種に関する差別意識が反映する一方、そうした差別・人権侵害・社会問題を打開する新しい時代の価値観も反映されています。ゼミでは、コンテンツを通して見える「いま」を考えます。

ここがイチオシ!

ハラスメントを受けたとき

できたばかりのゼミなので上下関係もなく、とてもアットホームな空気感の中で活動できます!
色々な学生が集まるのでとても充実したゼミ活動をおくれます!

先生ってどんな人?

小笠原先生はすごく学生思いで優しいです。
生徒目線で物事を考えてくれるので、学生から慕われていて学生との距離も近いです。

小笠原 亜衣(おがさわら あい)教授関連ページへのリンク

ゼミ活動で得たもの

プレゼン力の向上やコンテンツを通して、人権問題を考える力を、このゼミ活動で得られます。

後輩たちへのメッセージ

小笠原ゼミでは、小説・映画・テレビCMなどのコンテンツ作品を通して、自分の興味のある分野について学ぶことができます。
積極的に学びたい方、人権問題について深く考えたい方、プレゼンテーションスキルを上げたい方は是非来てください!