金崎 健太郎(カナサキ ケンタロウ)教授

[ 編集者:法学部・法学研究科 2017年3月31日 更新 ]

研究内容

国や地方自治体がどのような課題に直面し、その課題を解決するためにどのような政策を実施すべきかについて、国や地方公共団体での実務経験を踏まえ、実証的な観点から研究を進める予定です。特にITやマインナンバーなどの新しいツールによって国や地方自治体の行政サービスがどのように変化すべきかに関心があります。担当科目の「公共政策論」では、国や地方公共団体の行税財政制度に関する講義と、政策課題に関するケーススタディの検討・分析を行う予定です。また、もう1つの担当科目である「地域政策演習」では、各受講者の選定した地域の政策課題について、背景にある社会経済状況の分析、重層的・複合的な解決手段の在り方、ステークホルダーに対する調整手法などを検討・分析し、公共政策・地域政策に関する理解を深めることを目指します。

研究分野のキーワード

公共政策 IT政策 自治体経営 マイナンバー

主な担当科目

「公共政策論A・B」、「地域政策演習A・B」

シラバス(授業実施要綱) 関連ページへのリンク

教員プロフィール 外部ページへのリンク