水戸 考道(みと たかみち) 教授

[ 編集者:法学部・法学研究科 2018年3月12日 更新 ]

研究内容

私の専門は国際関係学と比較政治・公共政策学および日本・豪州・北米・アジア太平洋地域研究です。問題領域は25年ほどの海外生活経験を生かした学際的グローバル・スタディです。多国籍企業の台頭や日本の改憲問題を含む新たな世界秩序の研究、公衆衛生・エネルギー・環境などの総合人間安全保障問題、政治・外交・経済発展の日加比較、国際教育・留学生政策などの研究を行ってきました。グローバル化時代の要請する将来の人材を育てることが夢です。最近は共編著『アジア太平洋地域における日本研究』(ひまわり出版2008年)、共編著『戦後日本政治と平和外交―21世紀アジア共生時代の視座』(法律文化社、2007年)、単著『石油市場の政治経済学―日本とカナダにおける石油産業規制と市場介入―』(九州大学出版会2006年)などを出版しました。

研究分野のキーワード

国際政治経済学、比較政治・公共政策学、地域研究

主な担当科目

「外交政策論」、「比較政治」

シラバス(授業実施要綱) 関連ページへのリンク

教員プロフィール 外部ページへのリンク