石田 眞得(いしだ まさよし)教授

[ 編集者:法学部・法学研究科       2014年7月1日   更新  ]

研究内容

私の主な研究テーマは、株式などの証券取引に関する情報開示(ディスクロージャー)規制です。この領域には主に金融商品取引法と会社法が関係します。適正な情報開示が行われなければ、投資家は投資判断を誤って不測の損害を被ることになります。さらに、企業の不適正な情報開示に基づいて誤った投資判断がなされると証券の需給関係が歪められてしまい、その企業は本来なら得られないような条件で資金調達をする(投資家の限りある資金が適切に配分されない)ことになります。そこで情報開示の適正を確保することが重要になりますが、そのためにはどうすればよいか。投資家が損害を被った場合どのように救済するのか。このような問題意識をもってアメリカの状況を参考にしながら研究しています。このほか、企業買収やファンドの法規制のあり方についても強い関心をもって研究しています。

研究分野のキーワード

金融商品取引法、会社法、ファンド規制

主な担当科目

「会社法A・B」、「金融商品取引法」