内山 衛次(うちやま えいじ)教授

[ 編集者:法学部・法学研究科 2014年7月1日 更新 ]

研究内容

強制執行における執行債権者と執行債務者との利益の調整について研究しています。民事執行は、民事上の権利を国家権力により強制的に実現する手続です。民事上の権利は、執行手続の内容及びその実効性によりその実質が決定されることから、執行作用は、執行当事者間だけでなく、社会の信用取引にも影響を及ぼします。民事上の権利の実現は確実かつ迅速になされねばならず、そのためには民事執行制度の機能の充実を図らねばなりません。しかし、他方で、執行債務者の基本的人権の保護も必要であり、両者の調和を図ることは難しい問題です。私は、この問題について、近年の強制執行の実効性の確保のための民事執行法の改正、さらにそこでの議論を考察しつつ、ドイツ法との比較を行うことにより、その解決の方法を研究しています。

研究分野のキーワード

民事執行法、強制執行、執行債務者保護

主な担当科目

「民事訴訟法」、「民事執行法」、「民事訴訟法概論」

シラバス(授業実施要綱) 関連ページへのリンク

教員プロフィール 関連ページへのリンク