山下 淳(やました あつし)教授

[ 編集者:法学部・法学研究科 2014年7月1日 更新 ]

研究内容

 専門は行政法学です。研究テーマは、ひとつは、土地・建築・都市といったものを誘導しコントロールしていくための法制度の研究です。ふたつは、その主要な担い手となる地方自治体と市民をめぐる法制度の研究です。
 しかし、最近では、社会環境の変化にともなって、また地方分権の進展にともなって、自治体においてさまざまな政策づくりが盛んになってきました。政策は、最終的には、条例その他の法的な制度に仕立て上げていかなければなりません。あるいは、法的な制度に基礎づけられたものでなければなりません。そのための理論的な枠組みを模索し、あるいは実践的・具体的な法的仕組みを研ぎ澄ますことが研究テーマになってきました。
 そのため、さまざまな政策領域に首を突っ込んでいます。私自身は法を通して政策をみようとしている(つもり)なのですが、悪魔のような大胆さと天使のような繊細さをもって「政策を発想」し「政策を実装」することのむつかしさを実感する毎日です。

研究分野のキーワード

自治体法務、都市法、地方自治法

主な担当科目

「自治体法務」、「都市法」

シラバス(授業実施要綱) 関連ページへのリンク

教員プロフィール 外部ページへのリンク