渡邊 力(わたなべ つとむ)教授

[ 編集者:法学部・法学研究科 2014年7月1日 更新 ]

研究内容

私達の日常の生活にとって、最も身近な法律が民法といえます。その中でも、とくに財産に関する分野(財産法)を研究対象としています。もう少し具体的にいうと、「統一的求償制度の構築」を目標において、「求償権の判断枠組」を分析・検討しています。たとえば、実際にお金を借りた債務者に代わって、保証人が銀行など債権者に対して債務を履行したとしましょう。この場合、その後の財産関係としては、保証人が債務者に対して肩代わりをした金額を請求していくことになります。これが求償権の一場面です。それ以外にも、第三者弁済、連帯債務、共同不法行為など、様々な場面で求償権は問題となります。従来はこれらの求償権を個別に検討してきましたが、諸種の問題が未解決のままであり、保証人など代位弁済者の地位が不安定となっています。この問題を解決する手法として、求償制度としての統一的な枠組の構築が必要不可欠と考えています。

研究分野のキーワード

民法、財産法、求償権

主な担当科目

「物権法」、「民法入門」

シラバス(授業実施要綱) 関連ページへのリンク

教員プロフィール 外部ページへのリンク