留学体験記 
塩住 里佳子 さん

[ 編集者:国際学部・国際学研究科       2016年4月1日   更新  ]

塩住 里佳子(しおずみ りかこ)さん

塩住 里佳子さん

2013年度 国際学部卒業生(1期生)

【派遣期間】2012年9月12日~2013年2月20日
【派 遣 国】バングラデシュ
【派遣機関】国連ボランティア計画(UNV)/
                  国連開発計画(UNDP)
                  バングラデシュ事務所

国連ボランティア計画バングラデシュオフィスで国連学生ボランティアとして約6ヶ月間仕事させていただきました。私がこのプログラムの参加を決めたきっかけは、実際に途上国の現状をこの目で見て感じ、また開発に携わる仕事を実際に経験することができるというプログラム内容が、私の将来へのステップとして必ず役に立つと感じたからです。

私はバングラデシュのオフィスでコミュニケーションサポートオフィサーとして、主にバングラデシュのボランティアネットワークの促進、発展を通じての国の開発のために働かせていただきました。仕事を通じて、様々な国の人々と共に働く難しさと同時に楽しさを学び、そして開発のために働くとは現実にどのようなことが必要になるのかを身をもって感じ知ることができました。

今回の経験で、派遣前まで自分の中ではっきりしていなかった自分の将来のことや本当に自分がしたいことを明確にすることができ、このプログラムの参加が私を大きく変えました。ここでの経験を生かしながら、これから、そして将来、世界のために働ける人間になれるように精進していきたいと思います。

◆取材・編集

学生広報委員会 

※インタビューの内容は取材時のものです。