参加学生の声(山口 輝さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2019年10月24日 更新 ]

山口 輝(Hikaru Yamaguchi)

山口 輝 写真1

 私は、カナダのキングストンにあるクイーンズ大学で3ヶ月のQSoEのプログラムに参加しました。なぜこの留学プログラムに参加したかというと、留学に昔から興味があり、英語の能力を伸ばしたいと考えたからです。さらに、この留学プログラムでは、言語の単位を取得できるのでこのプログラムに参加することを決めました。留学することに少し不安がありましたが、楽しみという感情の方が強かったです。
 私はホームステイを選びました。ホストファミリーは母子家庭だったので、マザーと10歳のブラザーの二人しかいませんでした。マザーは、終日仕事があったので、会話をする時間は多くはありませんでしたが、ブラザーとはほぼ毎日遊んでいました。ブラザーとの会話を通してかなり英語力が伸びたと思います。ブラザーとはとても仲が良くなり、一緒にいろいろなところに行きました。一番印象に残っていることは、ブラザーのサッカーの試合を見に行ったことです。私は、サッカーがとても好きなので楽しむことが出来ました。とても仲良くなったので別れるのがとても寂しかったです。
 学校では、130CBというクラスに所属していました。生徒は13人でその内12人が日本人で、1人が中国人でした。授業では、英語しか使ってはいけなかったので、そこでも英語力が伸びたと思います。授業は、楽しみながら英語を学ぶことが出来ました。授業は午前中だけの日もあり、午後に授業があっても、遅くても4時には終わるので、その後自由な時間がありました。私は、友達と買い物に行ったり、クイーンズのジムに行ったりしました。クイーンズのジムはとても設備が整っていて、広く、バスケや卓球なども出来ました。土日でも空いていたので、頻繁に行きました。
 私たちの行ったキングストンという街は、どちらかというと田舎の町でした。自然が多く町の人たちもとてもいい人ばかりだったので、とても住みやすかったです。地域のイベントなどもあり、とても楽しめました。夏にはオンタリオ湖で泳ぐことができます。オンタリオ湖はとても綺麗で、たくさんの若者たちが夏はそこに集まります。クイーンズ大学の近くにあるので、授業終わりに行って遊ぶことが出来ました。とても有意義な留学生活を送れたと思います。
 私はこの留学でスピーキングとリスニング能力が伸びたと思います。この三ヶ月で英語の能力がとても上がる人もいれば、そこまで上がらない人もいます。大切なのは、留学に行くことではなく、そこで何をするかだと思います。