参加学生の声(渡邉 純也さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

渡邉 純也(Junya Watanabe)

 私は、社会起業学科に入学が決まった時から社会起業英語中期留学プログラムに参加しようと決めていました。将来、ビジネスで活かすことのできる英語力を身につけたいと思い参加しました。しかし、英語に対して苦手意識があり、普段の生活で英語を使う機会も少なかったので、三ヶ月の留学には少し不安もありました。また、言語だけでなく日本人を含めた多くの人たちとのコミュニケーションにも自信はありませんでした。実際に参加してみると、クラスのほとんどが日本人でしたが、クラスの中では英語のみの会話を守りとても充実した授業内容でした。
 キングストンは、あまり大きな町ではなく、遊べるような場所も少なかったため、勉強とカナダでの生活をバランス良く保つことができました。授業は遅くても4時前には終わるので、放課後には友達と自由に過ごせる時間も多くありました。友だちとの仲を深め、様々な話を聞くことで新しい考え方に気づかされることもありました。また、街の中ではフレンドリーな人が多い印象を受けました。バスの中や飲食店などで初対面の人と会話する機会も多く、日本ではあまり感じることのない親しみ易さがありました。私は三ヶ月間ホームステイをしていたのですが、ホストファミリーに恵まれ、とても良い環境で生活することができました。ホストマザーもホストファザーも親切で様々な話をしてくれました。そこで日本との違いやカナダ人の生活、経験してきたことやホストファミリーのバックグラウンドなど興味深い話を知りました。そういった日常の会話から英語を聞き取ることに慣れていくこともできました。勉強だけでなく普段の生活の中で英語を使うことができたのは有意義な時間だったと思います。
 キングストン以外での生活では、ブレイクウィークという10日間ほどの休みの間にニューヨーク、モントリオール、ケベックを観光しました。写真で見たことのある景色を生で見ることができて感動しました。自分たちで行きたい場所の計画を立て、グループで行動し、普段の大学生活で学べない行動力も身についたと思います。積極的にプログラムなどに参加することで、人と関わることも増えるので、英語を使う機会が増えることはもちろん、良い経験をすることもできました。多くの人に助けられ学校生活、私生活ともに充実したものになりました。この留学プログラムに参加して良かったと思います。カナダで学んだことや経験したことをこれからの生活でも役立てるように努力したいと思います。

渡邊 純也 写真1