参加学生の声(泉 玲子さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

泉 玲子(Reiko Izumi)

 私は、大学入学前に社会起業学科にはこの社会起業英語中期留学があるということを知り、この留学に参加したいと思い社会起業学科に入学しました。入学してみて、関学には他にもたくさんの留学プログラムがあり、親もCIECのプログラムを勧めてきました。直前まで私もこのプログラムでいいのかと迷っていましたが、この留学ブログラムでは言語の単位を取得できること、昨年同じプログラムに参加した先輩方からお話を聞く機会が多く、また、その先輩方も社会起業学科の先輩だということからこの留学に参加することを決意しました。留学前には、このプログラムに参加するメンバーでのオリエンテーションが何回もあり、留学前からみんなと知り合えたので不安が軽減されたと思います。
 私はホームステイを選び、マザーとシスター2人のホストでした。最初の一週間は散歩に行ったり、買い物に行ったりと一緒に過ごしていました。しかし、一緒にいるにもかかわらず、ホストファミリーはあまり私に話しかけることなく、また、私が話しかけてもあっさりとした対応で返され、会話することが困難でした。これではダメだと思い、自分から積極的に話しかけ、あったことだけでなく、相手の意見を聞くような質問を多くして会話を続けようと努力しました。しかし、2人とも私に無関心で、ご飯を食べ終わった後は各自好きなことをして過ごし、毎日会話をすることが少なくてとても残念でした。また、私が課題を部屋でしている時には、母と娘が2人でよく話している声が聞こえてきてとてもさみしい思いをしていました。今考えると、なぜホストチェンジをしなかったのかと後悔することもありますが、これもまた一つの経験だと思うようにしています。
 その反面、学校生活はとても充実していました。アクティビティには積極的に参加し、他国から来た学生とも仲良くなりました。また、週末やブレイクウィークには、トロントやナイアガラ、モントリオール、ニューヨークなど様々な所に旅行をしました。
 三ヶ月間辛いこともありましたが、楽しいこともたくさんあり、とても有意義な留学生活を送れたと思います。今後は、留学で経験したことを活かし、日本でも生活していきたいと思います。

泉 玲子 写真1