参加学生の声(谷村 真由さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

谷村 真由(Mayu Tanimura)

 今回、この社会起業英語中期留学を終え振り返ってみると、私にとって多くのことを学び、考えされられた期間でした。カナダで過ごしたこの3か月は、1日がとても長く、日本で過ごす1日よりも濃い日々だったように感じます。それは、カナダの日照時間が長く、9時過ぎまで明るいことだけではなく、私のホストマザーのおかげだったとも感じています。
 私のホストファミリーは、ホストマザーと1匹のねこでした。私は、ホストマザーの夜の時間の使い方に驚きました。それは、晩御飯を早めに食べ、その後どこかに友達と出かけに行くといったようなものでした。そんなアクティブなホストマザーのおかげで、本当にたくさんの経験ができました。週末には、毎週のようにハイキングやカヤック、キャンプに連れて行ってくれました。さらに、私にいろんな話をしてくれ、いろんな知識や英語を教えてくれました。私にとってホストマザーと過ごした時間はかけがえのない時間でした。
 しかし、この3か月は決して楽しいことばかりではありませんでした。私にとって、初めの1か月は本当に苦しい日々でした。学校生活が始まったばかりで、ほかのクラスは全然宿題が出されていない状況で、私のクラスだけ大量の宿題を出されたこと、クラスメイトとなかなか馴染めなかったこと、風邪をひき、そしてホームシックになるという散々なスタートでした。正直何度も日本に帰りたいと思うことはありましたが、私は留学に来たからには多くのことに挑戦しようという気持ちを持っていたため、授業中わからないことがあったら質問をしたり現地のランニングクラブに参加したり、さらに外国人の友達と遊びに行くことなど自ら積極的に行動しました。これらの行動のおかげで、日本に帰国する頃には、クラスメイトやカナダでできた友達、ホストファミリーが大切な存在になり、キングストンでの日々を楽しめたように思います。
 この留学で、私がいろんな面においてたくさん吸収することがありました。来年この留学に参加しようと思っている方は、自ら積極的にいろんなことに挑戦することをおすすめします。応援しています。

谷村 真由 写真1