藤井博志ゼミ(社会福祉学科)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2017年11月2日 更新  ]

ふじい ひろし

【担当教員】
藤井 博志(ふじい ひろし)

研究テーマ

 地域福祉の実践研究

研究内容

 地域福祉は子ども、障がい、高齢などの属性にかかわりなく、地域で暮らす生活者視点から社会福祉を考え、実践する分野です。当事者・住民の地域福祉活動、地域と連携した施設ケア、当事者への地域生活支援、地域福祉計画など、「地域」と「福祉」をキーワードに、メゾ領域を中心にミクロからマクロまでの幅広い領域です。
 近年、私が研究してきた分野は以下の通りです。高齢者の宅老所研究と地域共生ケア研究、コミュニティソーシャルワーク・コミュニティワーク研究と住民と専門職の双方の地域福祉人材養成、生活困窮者自立支援や地域包括ケア、権利擁護支援を含む総合相談支援体制とセーフティネットシステム構築、過疎集落における「集落福祉」研究、住民や社会福祉協議会による地域福祉活動、とくに「住民による見守り活動」研究、自治体福祉計画運営などです。これらを開発的、創造的な地域福祉実践ととらえて研究しています。現在は、まちづくり・地域づくりと社会福祉を住民福祉自治の観点からどのように具体的に結合させていくかに関心をもっています。
 本演習は、以上の私の研究分野にこだわらず、地域や地域福祉と関連する当事者、住民NPO等の多様な活動や社会福祉協議会等の地域福祉機関の実践に触れたり具体的に関わることによって、実践現場と理論学習からの学びを豊かに交差させながら進めていきます。

藤井 博志 先生について詳しく知りたい方はこちら! 教員紹介ページへのリンク