参加学生の声(中川歩美さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

中川 歩美 (Ayumi Nakagawa)

中川さん写真1

 私はこのカナダでの英語短期留学に参加して本当によかったと思っています。まず私がこのプログラムに参加しようと思ったのは、英語をもっとしゃべれるようになって日本人以外の人とコミュニケーションが取れるようになりたいと思っていたからです。
 留学に行くまで私は、読んだり書いたりの英語はそれなりにはなんとかできていましたが、リスニングはすごく苦手で、スピーキングにいたっては全くと言っていいほどできませんでした。しかしカナダに来て毎日英語に囲まれる生活を送っているうちに、英語に慣れてきて、聞くことも話すことも億劫でなくなり、むしろもっと英語を使いたいと思うようになりました。英語を使うことにためらいがなくなり、時には文法が間違っていることもありましたが、自分の言いたいことを何でも言えるようになりました。また、ホストファミリー、友達、先生、店の店員などが自分に話しかけてくることはほぼ理解できるようになったと思います。もちろんそれは彼らが私にわかりやすく話してくれているからというのもあるとは思いますがそれでも以前の私からしたら大きな成長です。

中川さん写真2

 生活の面では、ホストファミリーをはじめ周りの人に恵まれ、とてもかけがえのない存在がたくさんできました。日本人以外のクラスメートとも仲良くなれて毎日ふざけ合ったりいろんな話をしたり、母国語は違っても英語という手段でこんなにも仲良くなれたことを誇りに思います。放課後や週末にはホストマザーに連れられてカヤックやハイキング、ビーチ、キャンプなどカナダらしい時間を過ごせました。そこでホストマザーの友達や親戚にあって人脈もどんどん広がっていき、たくさんの人と話せてとても楽しかったです。
 カナダで生活していると日本での生活がとても窮屈に思えます。土地的な意味でもたくさんの自然があって家同士が密集していなくて広い庭や公園があってスペースにゆとりがあると感じましたが、それだけでなく時間の流れ的にもゆったりしていると感じました。時間の使い方がゆったりしていてのびのびと生活することができました。楽しいこともたくさんあり、その中で英語を勉強することもできて最高の3か月でした。本当にこのプログラムに参加してよかったと心の底から思います。