参加学生の声(朴 泳大さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

朴 泳大 (Yeongdae Pak)

朴くん写真1

 私はカナダへ英語短期留学に行って本当に多くの経験をすることができた。まずは、学校については外国の友達ができて、彼らの文化や国についていろいろ知ることができた。また、授業では英語で書き、英語で聞き、英語で理解する、すべて英語で学ぶという今までにない環境で学習することができた。
 最初は戸惑い理解することができず、授業に慣れるのに必死だった。しかし、毎日英語で授業をしていると自然と慣れてくるもので、時間が経てば自ら質問もして、毎日充実した学校生活を送ることができた。

朴くん写真3

 学校だけでなく、ホームステイ先でもとても貴重な経験をすることができた。最初は本当に緊張してあんまり話せなかった。しかし、ホストファミリーは緊張している私にいつも優しく接してくれた。休日はピクニックやバーベキューをしたり、息子の家族と一緒にプールに入ったり、公園でサッカーやバドミントンで遊んだ。夕食は私を気遣ってくれて、毎日多めに作ってくれて、いっぱい食べなよ、と言ってくれた。私は彼らを本当の家族だと思っている。
 最後に、私は留学期間に色んな場所へ行った。トロントやナイアガラの滝、オタワ、モントリオール、そしてニューヨーク。どれもこれも素晴らしい所で「世界」についての関心が高まった。今までに見たことのない街並みや絶景、想像を絶する景色が広がっていて、世界観が大きく広がった。この英語短期留学の間に言っても言いきれないくらいの経験をすることができた。やっぱり困難やトラブルはあるだろうけど、それを乗り越えて成長することができる。本当に成長できた3か月間だったと思う。

朴くん写真2