参加学生の声(寺下歩希さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

寺下 歩希 (Aki Terashita)

寺下さん写真1

 英語短期留学を通して、多くのことを学ぶことができました。初めの一ヶ月は言語の壁や環境の違いに戸惑い、早く日本に帰りたいとばかり思っていました。勉強面でも、特別な学習は特にせず、しなければならないことだけをするという簡単な日々を過ごしていました。しかし、残り二ヶ月と気付いときに、これではいけないと思い、特別な学習を取り入れました。授業の復習はもちろん、単語を覚えたり、文法を復習したりしました。努力をしても、結果が伴わないことも多々ありましたが、試験や課題で良い結果が出たとき、ホストマザーに私の英語が向上したと言われたときなどは嬉しくて、この気持ちを忘れず、これからも何事においても努力を欠かさず取り組もうと思うことができました。

寺下さん写真2

 私のホストファミリーは、ホストマザーと、ホストメイトが三人いました。ホストファミリーや友達にも恵まれ、三ヶ月間非常に良い時間を過ごすことができました。尊敬できるホストマザーや友達のおかげで、視野を広く持ち、様々なことを学ぶことができました。初めは自分の考えていることを英語で思うように表現することができませんでしたが、諦めずに話すことを続けることで、徐々に慣れてきて、最終的には将来の夢や目標なども語り合うことができるようになりました。この留学を通して、学習面だけでなく、人間的にも成長できたのではないかと思います。

寺下さん写真4

 日本に帰ってきてからどのようにこの留学の経験を生かすが大切だと思うので、今は毎日英語の学習を続けています。そして、いつかお世話になったホストマザーに恩返しをするためにカナダに帰りたいと思っています。そのときは、この留学に参加させてくれた両親も、カナダに連れていきたいと考えています。ホストマザーが、週に一回程度、英語の学習の持続も兼ねてメールのやり取りをすることを提案してくれたので、今も連絡を絶やしていません。これからもこの出会いに感謝して、関係を続けていきたいと考えています。

寺下さん写真3