参加学生の声(池田 瞳さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

池田 瞳 (Hitomi Ikeda)

池田さん写真1

 私にとって社会起業学科の英語短期留学に参加することは入学する前からの目標でした。しかし、実際に入学した後は交換留学にするか迷った時期もありましたが結果的に今後、社会起業学科での授業を受けていく上でも支障がないということで参加することにしました。今回の留学以外にも以前に1ヶ月程度の留学はしたことがありましたがそれ以上はなかったのでホームシックにならないかなど不安はありました。私は滞在方法としてホームステイを選択したので一人で不安な気持ちになるということはありませんでした。ステイ先の家族はカナダ人の人でカナダの文化も身をもって学ことができました。また私の他にもうひとりの日本人留学生がいたことも励みになりました。

池田さん写真2

 私は中学と高校でインターナショナルスクールに通っていたということもあり考え方が他の日本人学生と違うと感じることも大学に入学してからよくありました。例えば授業中でも疑問があればすぐに先生に聞いたり、授業参加も積極的にしたりしていると友人に私は変わっている、日本人じゃないとよく言われ、少しコンプレックスでもありました。今回の留学中にもホストファミリー、担任の先生、中国人やアラビア系の友達から「あなたはどうして他の日本人と違うの?」と言われることが多々ありました。しかし、否定的な意味で尋ねたのではなく肯定的な意味で言われていると知ったときは本当の自分を見つめなおせた気がし自分が今まで悩まなくてもいいことで悩んでいた気がしました。
 留学中に自分自身で設けたルールは日本人が相手だったとしても日本語を使わないことです。話すことはもちろんメールなどでも日本語を使わないようにしていました。実際、母や日本にいる友人と連絡を取る際も英語を使用していました。ここまで徹底する必要はなかったのですが3ヶ月ぐらい全て英語漬けでもいいんじゃないかと思い行動しました。この小さな目標を3ヶ月続けられたことが自信につながっています。放課後や週末は他の国からきた学生と一緒に時間を過ごすときのほうが多かったです。日本人学生を避けていたわけではありませんが他の国の学生と過ごすとなると必然的に絶対に英語を使わないといけなく、またお互いの国や文化について話し合えたので遊びも勉強の一環になりました。今回の留学では英語を学んだことはもちろん自分自身のことを見直すいい機会になったと思います。

池田さん写真3