参加学生の声(若林佐知さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

若林 佐知 (Sachi Wakabayashi)

若林さん写真1

 私はこの留学プログラムを大学入学以前から参加したいと思っていましたが、直前になり参加しようか迷っていました。しかし、この留学プログラムは単位制度も言語の分をきちんと取得でき、なにより私たちが行ったキングストンという町がとてもいい環境であるということを聞き参加を決意しました。4回ほどの留学前オリエンテーションではカナダの文化やキングストンのことを調べたり、昨年同じ場所に留学に行った先輩方のお話を聞く機会があったりしました。留学前の不安はこれらのオリエンテーションのおかげでなくなりました。

若林さん写真2

 いざ日本を離れあっという間にキングストンに到着しました。そこからクイーンズ大学前で一斉に各ホストファミリーとともに家に帰りました。ホストファミリーがどんな人かが一番の不安でしたが、私の家族はシングルマザーと女の子2人のとても明るい家庭でした。子ども達が頻繁に話しかけてくれ英語の練習になりました。週末にはよく家族と出かけ、ホストファミリーの両親の家にも行き仲良くしてもらいました。滞在中には何回かパーティーが家で開かれ、そのうちの一回が長女の誕生日会でした。多くの子ども達を家に招待して、カナダらしいアットホームで明るいパーティーを体験しました。

若林さん写真4

 ホストマザーとは普段からよく話していました。そのなかで、私がカナダの学生の友達がほしいと話していたところ、ホストマザーが隣の家のクイーンズ大学の学生にこの話をしてくださり、学生が集まる一人一品料理を持ち寄るポットラックパーティーというものに参加させてもらいました。そこで知り合った中国人の友達ができ、その後もとてもお世話になって私のお姉ちゃん的存在のお友達になってくれました。私のホストファミリーとの一番の思い出は、一緒にカナダで有名な夏フェスキャンプにいったことです。私にとって初めてのキャンプでカナダの大自然の中でゆっくり過ごすことができました。

若林さん写真3

 普段の学校の授業は、毎日朝早くから授業がありましたがそのおかげで規則正しい生活を送ることができました。先生がスピーキングを重視した授業をしてくれたので毎日楽しく勉強し、会話にだんだん慣れることができました。留学は自分次第でとても有意義なものになると思います。このプログラムではカナダのボランティアも経験できたので私にとって今後の私の人生に意味のあるものになりました。