参加学生の声(中川勝裕さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

中川 勝裕 (Masahiro Nakagawa)

中川くん写真1

 僕は今回の留学で様々な貴重な経験をすることができました。もちろん学習面においても成長することが出来ましたし、それ以外でも成長できたと思っています。自分のクラスはすごく勉強量が多く、宿題も大変でした。そのためにいろいろなことを犠牲にしたり嫌になったりしたけど、それも全部含めいい経験だと思っています。また、休日は友達と買い物をしたり、湖で遊んだりできて楽しいです。他の国の友達ができることも素晴らしいです。留学を考えている人は、留学に対して期待だったり楽しみな気持ちだったりいろいろな感情を持っているかと思います。特にホームステイは、寝食を共にし、常に英語でコミュニケーションを取るので英語の向上の大きなきっかけなので、ホームステイに対しては強い気持ちがあると思います。僕が伝えたいことは、周りの環境に期待しすぎないことです。英語を勉強するのは自分です。その目的のために自分でその環境を作ることが重要だと思います。僕の場合は、ホームステイがあまりいいとは言えませんでした。ホストマザーは料理もうまくて優しくて自由にさせてくれてとてもいい人でした。しかし、ハウスメイトがひどかったのですごく嫌でした。そのルームメイトは日本人で、いつも日本語で話しかけてきました。僕はそれがすごく嫌だったし勉強の妨げになると思っていたので、いつも無視して関わらないようにしていました。
 キングストンではホームステイを職業としている人がたくさんいるのでどこかに連れて行ってもらえなかったり、ご飯も美味しくなかったり、優しくなかったりすることもあります。そこは割り切って生活しなければいけませんが、ひどい場合は学校の先生に相談したほうがいいです。しかし、自分自身でその環境を変えて自分が勉強をしやすい状況にすることで、大きく成長することが出来ると思います。留学をいい経験や英語力向上のものにするのは自分自身です。頑張ってください。全力で楽しんでください。