参加学生の声(田頭彩佳さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

田頭 彩佳 (Sayaka Tagashira)

田頭さん写真1

 私はずっと大学生になったら留学に行きたいと思っていたのでこのカナダ留学プログラムに参加することに迷いはありませんでした。この三ヶ月間カナダのキングストンで過ごす中で辛かったこと、楽しかったことの両方を経験しました。ホストファミリーや学校の先生の会話を理解することができなかったり、言いたいことが伝わらなかったことは本当に辛かったです。先生の出した宿題の内容がよく分からなかったり、飲み物を注文するときうまく発音できず店員に伝わらなかったことなど苦労したことはたくさんあります。留学に参加する前は英語を勉強することが好きで、ネイティブの英語を学べることをとても楽しみにしていたのに、いざ現地の人と会話をしてみると自分の英語力の低さを痛感して英語が嫌いになりそうでした。しかし、学校へ行って授業を受け、家に帰りホストファミリーと会話をすることを毎日続けていると、英語が少しずつ理解できるようになっていることに気が付きました。ホストファミリーとの会話では初めは聞かれたことを答えるような会話だったけれど、自分から積極的に会話をするようになり英語で会話することが楽しいと思えるようになりました。私の英語力が向上した一番の理由は毎日一緒に会話する機会を与えてくれて私の間違いだらけの英語を理解し、優しく教えてくれたホストファミリーのおかげです。このホストファミリーと過ごした3ヵ月間は私にとってかけがえのない想い出になりました。
 私たちが通っていたクイーンズ大学のQSOEのプログラムは日本人が多くて勉強になるのかなぁと心配していたけれど、自分と同じように英語を話せるようになりたいと思っている友達と出会えてお互いに意欲を高めあうことができたし、今後もっと英語力を向上させたいという思いにもつながりました。
 この3か月間の留学で得たものは英語力だけじゃなくて異国の人とのつながりや、視野が広がったこと、これからの英語に対する意欲などたくさんあります。日本では経験することのできないことをたくさん経験できてよかったです。私は本当にこのプログラムに参加してよかったと思っています。