参加学生の声(高尾美春さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

高尾 美春 (Miharu Takao)

高尾さん写真1

 カナダで過ごした3ヶ月という時間は、毎日が新しいことや人との出会いの連続で今までの人生において最も充実した時でした。日々の生活のなかで自分の成長や友達またはホストファミリーとの絆の深まりを感じながら、貴重な経験をたくさんすることができ、3ヶ月間で得ることができた人脈や経験そして思い出は私にとってかかけがえのないものとなりました。

高尾さん写真2

 英語でおこなわれる毎日の授業、休み時間の友達との会話、家に帰った後のホストファミリーとの団らんの時間、睡眠不足になりながらする宿題、朝起きてから寝るまで英語だけという英語漬けの日々は、慣れるまでの間大変でしたが、すぐにその環境を楽しむことができるようになりました。しかし、いくら英語漬けといっても3ヶ月という期間は、もちろん自分の努力不足のせいでもありますが英語を習得するという目的を達成するには短すぎる期間であったと感じます。帰国して落ち着いて自分の留学生活をみつめ直すことができる今、もう少し自分に厳しく勉強できたのではないか等の後悔があります。しかし、自分の語学力を向上させることができたことや、英語を学ぶ上で自分の弱点をみつけることができたこと、加えて自分の語学力をもっと伸ばしたいという思いをより強く感じることができるようになったことは、今後の自分の成長に繋がる良い収穫となりました。また、この留学を通じて得たものは語学力の面だけではありません。異国からきた自分とは異なる価値観をもった人と意見を交換することを通じて、異文化を理解し以前よりも広い視野を持ち、さまざまな視点から物事をみつめることができるようになったと感じます。また、留学中、多くの新たな経験ができたことで以前に比べて自分に自信を持つことかできるようになりました。3ヶ月という期間のなかで自分が今まで持っていたものの見方や価値観が大きく揺さぶられ、今まで当たり前と思っていたことが当たり前ではないことがわかりました。これからはそのような当たり前と思っていることにも疑問意識をもってみていきたいと思います。

高尾さん写真3

 この留学を通じて得た人脈・経験・知識はこれからの自分にとって大きな糧となることを確信しています。この留学へ背中を押してくれた家族、留学中支えてくれた友達やホストファミリーに感謝を忘れず、これからの成長につなげていきたいと思います。