参加学生の声(坂田鈴さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

坂田 鈴 (Rei Sakata)

坂田さん写真1

 留学は私が高校生の時から大学に行ったらやろうと決めていたことの一つでした。大学生の時間が自由に使える時に挑戦することができてよかったです。私にとってこの留学は、英語能力の向上だけでなく、文化や価値観を改めて気づく部分が多くありました。その度に自分がこれまでいかに小さな世界で生きてきたのだろうと思いました。カナダで三ヶ月過ごすことで、旅行では味わうことのできない、現地の生活や人々の暖かさに触れることができました。また、社会起業学科で学んだことを生かして、さまざまな角度から社会問題について考えることができました。
 私は、マザーが一人で暮らしている家にホームステイさせてもらいました。初めの頃の私は、ゆっくり喋ってくれるマザーの英語すら十分に聞き取れず、とりあえず笑顔で返事だけをしていました。しかし、日が経つにつれて、ご飯を食べながらお喋りをしたり、食後にテレビや映画を見たり、日帰り旅行へ行ったりと彼女との会話を楽しむことができました。その会話の中では、英語の発音や表現の仕方はもちろん、現地の人々の考え方を知ることができました。学校だけでなく、家でも英語と触れる機会があったことはとても大きなことだと思います。
 英語短期留学という名前のとおり、留学で三ヶ月と言えば短く感じるかもしれませんが、私にとってこの三ヶ月間はとても濃く、他の何ものにも変えることができない財産となりました。普段の関学の授業では学ぶことができない大切なものを多く学ぶことができて本当に良かったです。