参加学生の声(加藤麻美さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

加藤 麻美 (Asami Kato)

加藤さん写真1

 正直、3ヶ月という期間はあっという間に過ぎます。それをどう過ごすかはもちろん自分次第であると思います。
 はじめは、勉強面について述べます。大学受験並みに勉強しました。私の先生は非常に厳しい方だったため、毎日自宅で4時間は勉強しなければスコアを手に入れることができないような日々でした。途中まで座学をひたすらするという方法に納得できませんでした。また、ファミリーや友達と過ごす時間がないということから大変ストレスを溜めました。しかし、のちにこの座学が非常に役立っていることに気づきました。人と話すとき次に何を話したらいいかすぐに思いつく、文章を書くとき美しい展開で書くことができるようになったという2つの点から分かりました。

加藤さん写真2

 次にカナダでの人間関係についてです。このプログラムで3回生の女子は私だけでした。そのことがカナダで新しい人間関係を築くためのきっかけとなりました。私は、誰よりも長い時間をホストファミリーと過ごしたと思います。週末はホストファミリーとその親戚とホームパーティーをし、平日も時間があれば毎日ホストチルドレンと遊んで過ごしました。QSOEのメンバーと過ごすよりもホストファミリーと長時間過ごせたことが非常に良かったです。ホストファミリーはネイティブであるため英語を話すいい機会でもあります。そして、カナダ人の文化を生で感じる事も可能です。私は実際にファミリーとコテージやキャンピングカーに乗って湖の近くでキャンプをしに行き、カナダの自然を感じる機会がたくさんありました。間違いなく、私はこの留学で一番良い思い出はホストファミリーと過ごした時間です。素敵なファミリーだったのは運が良かったからなのかもしれませんが、関係の築き方ははじめにも述べましたが、自分次第です。
 最後に、全体を振り返ります。この3ヶ月というのは刺激的な毎日でした。限られた時間であるため、一日一日を大切にしなければならないという重みもありました。満足できる留学にしたいということで、3ヶ月間毎日自分と向き合いました。苦しい事や嬉しい事を気軽に話せる人たちにカナダで出会えたからこそ私は乗り越えることができました。今では私を受け入れてくれたファミリー、そして留学に行かせてくれた両親に大変感謝の気持ちで溢れています。