大熊 省三 (おおくま しょうぞう) 准教授

■研究分野のキーワード
 ベンチャー起業(社会起業)、ビジネスプラン、まちづくり(地域活性化)

研究内容

 ベンチャー起業論(社会起業)、ビジネスプラン、まちづくり論(地域商業活性化)を研究分野としています。ベンチャー企業を起業し代表取締役として16年、NPO法人の代表理事として10年間、経営のトップを経験しています。
 直近の研究は、社会起業の実証研究です。2012年に大熊ゼミ(http://okumaitt.web.fc2.com/)の活動で、学生が企画した震災復興支援商品第1弾、携帯ストラップ「べあんず」の商品企画・開発・販売を実践し、2013年には、震災復興支援商品第2弾として「べあんずキャラメル」)、2014年には、第3弾として「べあんずジャム」の企画・開発・販売を実現させました。この商品の売り上げの中から、30万円を長野県栄村に寄附をしています。
 教育的には、地域の中小企業、地域の商店街と産学官連携事業に取り組み、座学だけではなく、学生が地域に「飛び込み」「身を置き」「経験する」ことで、どういった人たちと連携し社会的な繋がり(ネットワーク)を発展させていくのか、学生が地域の人との接触を肌感覚で感じて理解を深めてもらうことを目指します。地域に貢献する「地域リーダー」となる学生起業家の育成を実現いたします。

研究詳細

研究者データベース 関連ページへのリンク