2010.05.27.
社会起業学科特別講演会「“一人ひとりがチェンジメーカー”という社会を創る」(6月6日)

社会起業育成支援非営利組織「アショカ」の創設者・最高経営責任者(CEO)であるビル・ドレイトン氏をお招きし、学生を対象とした講演会を開催いたします。

「社会起業の父」と呼ばれるビル・ドレイトン氏が1980年に立ち上げたアショカは、「"一人ひとりがチェンジメーカー"となる社会を創る」という目標-行政や他人任せではなく、市民一人ひとりが社会にある歪みを認識し、その軽減/解決のために行動を起こすという目標-を掲げて活動しています。現在、ドレイトン氏はアショカ-ジャパンの設立を進めているのですが、そのアショカ-ジャパンの中心的な活動となるのが「ユース・ベンチャー」という若者プログラムです。

ドレイトン氏は、現在世界で活躍する変革家である社会起業家の多くが子供の頃からその芽を持っていたことに注目し、子どもの変革の能力を後押しして花開かせるための教育システムの必要性を痛感し、1996年に開始したのがこのユース・ベンチャーです。ユース・ベンチャーのプログラムを行っている国としては、日本が18カ国目となります。
本講演会では、アショカの目標や理念とともに、日本でのユース・ベンチャーの可能性についてもお話いただきます。

 ◇日 時  2010年6月6日(日)14時~15時30分
 ◇講 師  ビル・ドレイトン氏 〈「アショカ」創設者・最高経営責任者(CEO)〉
 ◇テーマ  “一人ひとりがチェンジメーカー”という社会を創る
 ◇会 場  西宮上ケ原キャンパスB号館103号教室
 ◇対 象  中学生・高校生・大学生(中高生は保護者の付き添い可)
 ◇備 考  参加費無料・事前申込必要・通訳あり。
         この企画は文部科学省大学教育推進プログラムの一環として行われます。
 ◇主 催  人間福祉学部社会起業学科

本講演は学生が対象となっております。
お申込は、電子メールに、氏名(ふりがな)・学校名(関学生は学部・学科・学籍番号)・学年・連絡先・保護者同伴の有無(中・高校生のみ)を記載し、info@ssc-kg.comまでお送り下さい。なお、勝手ながらメール以外のお申込はお受けしておりません。
お問合せは、人間福祉学部社会起業サポートセンター(TEL:0798-54-4897)まで。

特別講演会 詳細[ 256.45KB ]PDFリンク