2010.05.27.
社会起業学科連続公開講座第3回「変革は一歩ずつ~対象者の自立支援のためにできることから始めること~」(6月10日)

社会起業学科では学科開設3年目の今年も、過去2年に続き、世界各地で活躍する社会起業家たちを招き、連続公開講座を開催しています。
今回はその第3回として、「変革は一歩ずつ~対象者の自立支援のためにできることから始めること~」をテーマに開催します。一般視聴可、事前申込不要、参加費無料。

◆日 時  6月10日(木)16時50分~18時20分(5時限目)
◆講 師  大森恵実氏(アジアアフリカ国際奉仕財団)
◆テーマ  「変革は一歩ずつ~対象者の自立支援のためにできることから始めること~」
◆会 場  西宮上ケ原キャンパスG号館202号教室
◆備 考  この企画は文部科学省大学教育推進プログラムの一環として行われます

(財)アジア・アフリカ国際奉仕財団の活動は、奈良県にある寺が国内外で始めた支援活動から始まっています。「思いやりの心を 広く、深く」をモットーに、支援分野は限定せず、その地域と対象者にあった活動を目指して、学校校舎建築、奨学金事業、現地NGO助成などをインド5地域、ウガンダ1地域で展開しています。近年では、寺の慈善事業から対象者を中心に考える自立支援への関わり方の転換により、新規フェアトレード事業開始へ活動が広がってきました。当日は、このような活動の紹介に加え、仏教系NGOの特徴やメリット、難しさについてもお話しいただきます。

社会起業学科連続公開講座第3回PDFリンク