2009.10.29.
特別講義「私たちにできる国際協力・支援とは~途上国での生活と仕事からみる国際協力」

人間福祉学部社会起業学科・関西学院大学災害復興制度研究所の主催で、JICA兵庫との特別講義を実施します。社会人の方、学生の方どなたでも参加できます。関心のある方は事前申込の上、ふるってご参加ください。なお、本学の院生・学部生は事前申込不要です。

◆日 時 : 2009年11月10日(火)16:50~18:20
◆講 師 : 細川 幸成 氏(独立行政法人国際協力機構(JICA) 兵庫国際センター)
◆会 場 : 西宮上ケ原キャンパスG号館201号教室
◆テーマ : 「私たちにできる国際協力・支援とは~途上国での生活と仕事からみる国際協力」
◆参加申込・問合せ : 災害復興制度研究所准教授 山地久美子
                Eメール:fukkou-event@kwansei.ac.jp
                電話:0798-54-6159
◆内 容:
近年、注目されてきている海外、中でも途上国での国際協力・支援活動は具体的にどのように行われているのでしょうか。私たちはいったいどのような事を実践できるのでしょうか。
今回の講演では、エルサルバドル共和国での勤務経験を持つJICA兵庫の細川氏より、JICAの国際協力の概要や、JICAの防災・災害復興における協力、そして、途上国における生活と仕事について実際の経験を交えたお話をいただきます。

◆講師紹介:細川 幸成 氏
1977年栃木県生まれ。大学は経済学部を卒業。1999年にJICAへ就職してから、八王子国際研修センターへ勤務し、2001年から1年間はメキシコでスペイン語語学留学。その後、東京本部(中南米部計画課)を経て、2004年12月から2008年9月までエルサルバドル共和国事務所へ勤務。2008年10月より兵庫国際センターにて勤務。