2009.06.02.
ゼロから夢の実現に向けて ―社会起業学科連続公開講座第4回(6月11日)

社会起業学科では学科開設の2008年度に続き、2009年度も世界各地で活躍する社会起業家たちを招き、連続公開講座を開催しています。
今回はその第4回として、「ゼロから夢の実現に向けて」をテーマに開催。一般視聴可、事前申込不要、参加費無料。

第4回 6月11日(木)16時50分~18時20分(5時限目)
◆講 師  溝畑宏氏(株式会社大分フットボールクラブ(大分トリニータ)代表取締役)
◆テーマ  「ゼロから夢の実現に向けて」
◆会 場  西宮上ケ原キャンパスG号館202号教室


株式会社大分フットボールクラブ(大分トリニータ)代表取締役の溝畑宏氏を招く。
総務省のキャリア官僚として大分県に出向しているときに、ヨーロッパのサッカーのワールドカップ大会の熱気に触れて、これを大分でも実現させようと溝畑氏は考えました。しかし大分にはスタジアムは愚か、チームもありません。ゼロからチームを作り上げるところから始まり、なかなかJ1入りできない苦しい時期や、スポンサー企業の倒産による経営難など、数々のドラマを乗り越えて、大分にサッカーを根付かせてこられました。そうするうちに溝畑氏は総務省のキャリア官僚という安定した道を離れて、一人の挑戦する人間に戻りました。起業というと会社を作ることから始まると思いがちですが、会社のなかにあって起業をするとか、自治体職員として業を起こすことも多いことをお話ししていただきます。