2008.10.06.
「日本のエイズ」をテーマに講演会 10月20日

案内

「日本のエイズ―全国インターネット調査から見た性的指向と健康問題 予防行動の現状と社会福祉の最前線―」と題した講演会が10月20日(月)に開催される。参加費無料、事前申込み不要。
 
 日 時 : 2008年10月20日(月)15:10~16:40(4限)
 場 所 : 関西学院大学上ケ原キャンパスG号館201号教室301号教室に変更となりました

 ◆HIV感染の疫学的状況―性的指向と健康問題―

   日高 庸晴 関西看護医療大学看護学部 講師
           関西学院大学社会学部 非常勤講師
 ◆HIV陽性者とスピリチュアルペイン―HIVカウンセリングの現場から―
   榎本 てる子 関西学院大学神学部 准教授
 ◆HIV感染症と社会福祉の接点
   小西 加保留 関西学院大学人間福祉学部 教授
 ●司 会
   武田 丈 関西学院大学人間福祉学部 准教授

 主   催:財団法人エイズ予防財団
 企画運営:厚生労働科学研究(エイズ対策研究)インターネット利用層への行動科学的HIV予防介入と
        モニタリングに関する研究(研究代表者:日高庸晴)
 協   力:関西学院大学人間福祉学部
 お問合せ:関西看護医療大学看護学部日高研究室 TEL 0799-60-1200(代)

案内[ 2MB ]PDFリンク