文学研究科のアドミッション・ポリシー

[ 編集者:文学部・文学研究科       2012年5月23日   更新  ]

文学研究科のアドミッション・ポリシー

 文学研究科は、人文科学の深い学識に裏付けられた人間形成と、卓抜した水準における学術研究を通じた社会への貢献を目的としています。多彩な人文科学の高度な教育・研究のために、本文学研究科は文化歴史学専攻、総合心理科学専攻、文学言語学専攻の三専攻で構成され、さらに12の領域に区分されます。どの領域に所属しても院生が自分の研究テーマを明確にして主体的に取り組むことが求められる研究演習と、それぞれの領域の専門科目を幅広く開講しています。

博士課程前期課程
 前期課程においては、豊かな人間性と幅広い教養をそなえた高度専門職を養成し、さらに研究者養成の第一段階として高度な専門的知識を教授するとともに創造的な研究のための柔軟な思考能力と優れた技能を育成します。

博士課程後期課程
 後期課程においては、高度な研究の継承とそれを創造的に推進する博士学位をもつ優れた研究者を養成します。人文科学の領域において、現代の高度な学問の進展に応じた研究を推進し、その研究の成果を学界、教育界、一般社会に還元することを重視しています。こうした方針に基づいて入学試験科目を設定し、入学者選抜を行います。