2017.03.06.
文学部生8名がドイツ語中期留学に出発!

ドイツ語中期留学出発前の学生達

ドイツ語中期留学出発前の学生達

 文学部生8名がドイツ語中期留学のため3月6日、関西国際空港からドイツ・レーゲンスブルク大学に向けて出発しました。


 ドイツ語中期留学は文学部独自の留学プログラムで、今年で3回目。7月下旬までの約4か月半の間、レーゲンスブルク大学の学生寮で生活しながらドイツ語を学びます。



 参加学生らは「ネイティブに近い環境でドイツ語を学び、高校生の時から興味のあるドイツの歴史・文化を学びたい」「中学生のころから学んでいる茶道や華道の経験を活かして、日本文化を発信したい」「サッカーが好きなので、サッカーを通じて日独交流を深めたい!」などとそれぞれが目標や抱負を持ち日本を後にしました。

 留学生のみなさん、勉強に文化交流に毎日を大切にしながら貴重な体験を積み重ねてください!