2015.03.06.
「ドイツ語中期留学」第1期生が出発

「ドイツ語中期留学」第1期生が出発

文学部では、2015年度より文学部生を対象としたドイツ語中期留学を実施します。

第1期生となる文学部生8名が、2月28日、ドイツに向けて関西国際空港を出発しました。

ドイツ語中期留学は、関西学院大学文学部生が参加するレーゲンスブルク大学での約4か月半の
ドイツ語学習プログラムです。レーゲンスブルク大学で提供されている語学プログラムに入り、
他の留学生とともに言語を学ぶことが中心となります。語学だけではなく、現地の文化や生活、
社会の状況など、様々なことを吸収できるプログラムです。

ドイツ語中期留学に参加し、プログラムを一定の成績以上で修了した者には、最大12単位を修得したものとして認定します。

詳しくは以下のページをご覧ください。

 

2月28日関西国際空港にて

2月28日関西国際空港にて

ドイツ語中期留学(文学部プログラム)関連ページへのリンク