研究領域

エネルギーを「創る」物質の創製

エネルギー・環境機能材料の開発(田中裕久研究室)

100年後の暮らしやクルマ、生活を支えるエネルギーなどのビジョンを描き、それを実現するために望まれる技術を研究テーマに選定。国内外の産官学と連携して、液体燃料を蓄電媒体とする燃料電池、自動車の排ガスをきれいにする触媒、安全な水素社会を築く再結合触媒の開発に取り組んでいます。

田中裕久研究室

触媒プロセスの理論的設計(小倉鉄平研究室)

量子化学計算、詳細反応機構を用いた反応解析、流体反応連成シミュレーション等の計算化学的手法を駆使し、完全に理論だけに基づいて実スケールや実時間に対応した反応プロセスを再現する事に挑戦しています。具体的な研究対象としては燃料電池電極や水素製造触媒における現象解明、理論的設計に取り組んでいます。

小倉鉄平研究室

エネルギーを「蓄える」物質の創製

新しいナノ蓄電材料の創製(吉川浩史研究室)

近年、環境問題やエネルギー問題から、高性能なエネルギーデバイスの開発は必要不可欠な研究課題です。本研究室では、様々な元素の特性を生かした有機および無機ナノ蓄電材料の創製をおこなうとともに、その蓄電現象の本質を解明することで、高性能な蓄電デバイスの実現を目指します。

吉川浩史研究室

水素エネルギー社会を後押しする材料開発(松尾元彰研究室)

私たちが普段呼吸しているように水素ガスを吸ったり吐いたりできる金属を用いた水素貯蔵材料や、固体中を金属イオンが高速に移動できる高速イオン伝導材料などの研究開発を行っています。これらの材料開発を通して、燃料電池自動車の加速的な普及や大容量次世代蓄電池の実現を目指します。

エネルギーを「有効に使う」物質の創製

基礎物質科学によるエネルギー材料開発の加速(藤原明比古研究室)

物質科学、放射光分析を基盤に、エネルギー関連材料の精密分析を行い、新規材料の設計へとつながる研究を推進しています。現在は、有機ポリマーを用いた高容量電池正極材料と次世代ディスプレイ制御素子用アモルファス酸化物半導体を中心に構造・物性評価とそれをもとにした材料開発を行なっています。

藤原明比古研究室

二次元物質の新奇な機能探索(日比野浩樹研究室)

グラフェンに代表される様々な二次元物質とそれらを組み合わせたヘテロ構造を、革新的な電子・光デバイスへと応用することを目指しています。 具体的には、二次元物質とそれらのヘテロ構造を高品質に結晶成長させる技術と、ナノメートルスケールで構造と物性を同時計測する技術に基づき、二次元物質の新たな機能を探索することに取り組みます。

日比野浩樹研究室

物質の新物性と機能をデザイン(若林克法研究室)

グラフェン、遷移金属ダイカルコゲナイド系物質などの原子膜物質では、ナノスケール効果や端や表面・界面での幾何学効果によって、電子物性が強い変調を受けます。 原子膜物質における電子物性を理論および計算科学の手法によって解明し、新機能設計や物性予測を行います。

若林克法研究室

磁性材料の機能を探索(鈴木基寛研究室)

磁石は紀元前から人類の興味を引きつけ、現代では電気自動車のモーターやコンピュータの記憶装置などに高性能な人工磁石材料が使われています。ナノ構造をもつ磁石材料の機能を解明し向上させることで、豊かでエネルギー効率の高い社会の実現に貢献します。