研究領域

素材・デバイス分野

素材・デバイス分野では、次世代の省エネルギーデバイスおよびその素材・プロセスを中心に教育研究を行います。例えば、次世代の電力デバイスとして期待されている炭化ケイ素(SiC)、窒化ガリウム(GaN)、ダイヤモンド等の半導体デバイスおよびその素材・プロセスの開発などを取り扱います。また、次世代電力グリッドにおいてキーテクノロジーとなる超伝導を利用した電力輸送については、超伝導電力ケーブルへの応用を念頭においた、新規超伝導材料の探索やメカニズム解明に取り組みます。

回路・システム分野

回路・システム分野においては、今後急速に進むであろうモビリティーの電動化に対応すべく、省電力・高速・小型・低コスト化を目指したパワーエレクトロニクス及び超伝導エレクトロニクスの回路技術、実装技術、モジュール化技術、シミュレーション技術等の教育研究を行います。さらにこれら高性能な電力変換回路・モジュールを活用した電力変換システム・電力輸送システムに関連した教育研究にも取り組みます。