コンセプト

電気エネルギーのさらなる有効利用を実現し、持続可能な社会に貢献します。

電気電子応用工学課程は、次世代モビリティーなどで使用される動力機器、情報通信機器、エネルギー輸送・変換機器など、我々の社会・生活で利用している機器の基盤となる「電気エネルギー」の有効利用分野において、世界最先端の研究開発をリードすると共に、この分野を支える次世代の人材を育成します。これらのことを通して、関西学院大学は持続可能な新しいエネルギー社会の構築に貢献します。

身につく力

持続可能な社会を実現する先端電気・電子工学の基礎と応用力

電気電子応用工学課程では、グリーンイノベーションの基盤となる先端電気・電子工学(省エネルギーを支える次世代の電気・電子工学)分野において、基礎から応用までの幅広い知識と深い専門性、さらには学修した専門知識・技能を実社会での課題解決に応用し得る柔軟な思考力を兼ね揃えた学生を育成することを目指しています。

卒業後の人物像

種々の産業の基盤を支える電気電子応用工学課程の卒業生

電気電子応用工学課程の卒業生は、電子材料・部品、半導体・エレクトロニクス・精密機器といった素材・部品・機械産業から、自動車・鉄道・航空・電力といった社会インフラに係わる産業までの幅広い分野で活躍します。また、官公庁などの公的機関に加えて、教育現場(中学・高校教員など)での活躍を通して、社会に貢献する卒業生を輩出する予定です。