加藤 雅俊 KATO, Masatoshi

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2019年7月4日   更新  ]

■教授 Professor 加藤 雅俊(かとう まさとし)
産業組織論、アントレプレナーシップの経済学、
イノベーションの経済学

研究分野

これまで産業組織分野における様々な研究テーマに取り組んできましたが、最近の研究関心は、イノベーション、アントレプレナーシップ、競争政策の3つのトピックにあります。特に、イノベーションや企業成長における組織の能力(capability)あるいは経営者の人的資本(human capital)の役割について実証的に研究をしています。さらに、それらの役割が産業特性(たとえば、技術レジームや競争条件)にどのように依存するのかについて関心があります。
分析対象としては、既存の大企業に着目した研究を行っている一方で、近年はスタートアップ企業(特に、ハイテク・スタートアップ)にフォーカスを当てています。経済政策の視点から、ハイテクスタートアップのような高い成長が見込まれる企業による新規参入を促進させることで、市場での競争を活発化させて効率的な資源配分の実現へ寄与し、同時に、他企業への知識のスピルオーバーが見込まれることで、結果としてイノベーション・経済成長へ貢献することが期待されています。
私の研究では、様々な理論的フレームワークを背景として、実際に観察されるデータをもとに実証的検証を行い、産業政策(起業家支援政策含む)や競争政策(独占禁止政策)への示唆を提示することを目指しています。また、最終的な研究成果は、当該分野で評価の高い国際的学術誌への掲載を目標に日々研究活動を行っています。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧下さい。 

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics 1-155
Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204

⇒Web Page