藤井英次ゼミ(研究演習Ⅰ・3年生)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科 2016年10月18日 更新 ]

藤井英次ゼミ(研究演習Ⅰ・3年生)より

"No pain, no gain."

藤井ゼミってこんなゼミ!

 国際金融論・国際経済学を学び、論理的思考能力や国際的視点を養うことに重きを置くゼミです。また、教科書等を通じた学習だけでなく、経済学をどのようにして実際の生活に活かしていくか、ということまで学ぶことが出来ます。
 3年生の前期から後期にかけてはグループで、インゼミ大会に向けた研究プロジェクトに取り組みます。そこでも、授業で学んだことを使い、自らの関心に基づくテーマについて研究していきます。厳しくもありますが、自分を高める場所としては最高の環境が本ゼミには整っています。

藤井先生ってどんな人?

 厳しい先生という印象を受ける人が多いかもしれませんが、生徒の成長を第一に考えてくださり、勉強面でもそれ以外の面でも沢山のことを教えてくださる、本当の意味で優しい先生です。ゼミでは、私たち学生による研究や発表が少しでも質の高いものになるように、厳しいご指摘を頂くこともありますが、授業外では学生と気さくに冗談を交わすなど親しみやすい一面も備えた方です。特に授業外のコンパなどの場では、普段の姿からは想像ができないほど陽気になるような先生です。

ゼミの魅力や得たものは?

 仲間と切磋琢磨して勉強に励むことができる点が魅力です。特に、講義科目の実証国際経済学は、難易度の高い科目なので、皆が真剣に取り組み、わからない分野はシェアしあい、共に勉強していくことができます。また、普段のゼミでの課題も、予め設定された正解を求めるのではなく、自分自身で考えて答えを出すものが多く、大変ですがそれ以上に面白く、自分の能力を高めることが出来ると思います。

未来の後輩達へのメッセージ

 みなさん、ゼミの選択で迷われる時期かと思います。やる気があって、成長したいという気持ちのある人、真剣に勉学に取り組みたいと考えている人にはお勧めのゼミです。しかし、課題や、授業の難易度も高いことなど、沢山の壁にぶち当たることは覚悟に入れておいた方がいいです。ですが、厳しいだけでなく、それ以上に学ぶことができ、遊ぶこともできます。自分を高めたいと思っている意識の高いみなさん、藤井英次ゼミで自分をさらに高めていきませんか。ゼミの後輩として話ができることを楽しみに待っています。

その他

 大学生活は、ゼミで決まると思います。どのゼミに入るにしても、説明会に行って先生に会って、その場でしかわからない雰囲気を感じて、後悔のないようにゼミを決めてもらえればと思います。