子どもたちに本を届けたい~Book For Children~-栗田匡相ゼミ

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2013年11月13日   更新  ]


開発経済学を学ぶ栗田匡相ゼミでは、毎年夏季休暇を利用して途上国の農村部で調査を実施し、その調査で得られたデータを用いて研究を進めています。

2011年はベトナムを、2012年度はカンボジアを、2013年にはケニアを訪問。調査・研究を進めていく中で、途上国では現地の言葉で書かれた本や子ども向けの本が不足していることがわかりました。「子どもたちに本を届けたい。継続的で栗田ゼミの各学年が連動して学生主導でできる活動をしたい」という思いから始めた活動が「Book For Children」です。

2013年10月15日(火)~29日(火)の間、お昼休みの時間を利用し、西宮上ケ原キャンパス内銀座通りで「Book For Children」の募金活動を行っています。また、その活動に合わせて、大学図書館ロビーでもこれまでの調査の様子を知ってもらうための展示会も開催しています。

“そうだ、本を届けよう。子どもたちの人生の1ページを1枚でも多く、よりカラフルにするために。本の力、信じてみませんか?”

栗田 匡相 ゼミ