前田 高志 MAEDA, Takashi

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2020年4月1日   更新  ]

■教授 Professor
前田 高志(まえだ たかし)
地方財政、自治体経営、租税論、地域政策

研究分野

現在、研究しているテーマは地方分権に相応しい地方税財政のあり方です。地方分権そのものの意義と意味、経済に及ぼす影響等を考察するとともに、地方分権に対応した地方行財政制度や地方自治体経営のあるべき姿について研究しています。とりわけ地方税や地方債の制度と自治体の財政規律の関係、自立的な自治体経営を支える自律のシステムの構築が直近の研究課題です。専攻や研究テーマが実際の政策と関わる部分が大きいため、理論や制度論での研究は無論のこと、総務省の調査研究委員会や兵庫県、愛知県名古屋市や大阪市などの大都市、阪神間の中小都市の種々の審議会等での仕事を通じて具体的な政策形成のプロセスにも関与し、その経験を研究にフィードバックさせるよう努めています。また、わが国の今後の地方分権改革に示唆の多いと思われるアメリカ連邦制下の州・地方財政についてもほぼ毎年、全米各地での実態調査を行っております。

業績(著書・論文など)

詳細は こちら をご覧ください。

連絡先

662-8501
西宮市上ヶ原1-1-155
関西学院大学 経済学部

School of Economics
1-155 Uegahara Ichiban-cho, Nishinomiya 662-8501, Japan

0798-54-6204